家族で幸せをふやす暮らし
配当金投資・節約で老後に備えている共働き家族のブログ
お金の貯まる方法

スマホの家計簿アプリで家計管理。コツはたったひとつ!項目を少なくすること!

こんにちは、いよかんです(^^)

自分のblogカテゴリは家計管理or投資だと思っています。

家計についてブログで書いてきて数年…その間に、私の家計簿の付け方も変わりました。

数年続けて、ズボラな私でもなんとかこれで落ち着くかな?って使い方になってきたので、今日は具体的に紹介します!

 

家計簿が続かなくなりがちな原因たち(私がやめたことたち)

まず、今まで数年家計簿をつけてきて、何度かめんどくさいな~やめよっかな?って考えたことが何度かありました。

やる気を出す(笑)以外では、その時めんどくさかった事をかえることでなんとか今まで続いてるんですね。

じゃあその時「めんどくさいなぁって感じた事」は何かというと、幾つかあります。

ちょっと紹介してみようと思います。

個人的にはこれらがなければ、割と続きやすいんじゃないかな~なんて、思うんです(^^)

 

1)少額クレジットカード使用分が積み重なって誤差がでる

ちょっと手持ちがないから、とりあえずカードで…

なんて良くあると思うんですが、コレがいくらだったか、結構忘れるんです。

気がついたら結構な額が一気に引き落とされて、大誤算!みたいな…(^_^;)

そして、カード分をカード引き落とし先の銀行に入金しておこうとしたこともあったけどめんどくさい。

 

私はもう、本当に数万円以上の一括払いの時だけ使用するようにしました…。

ちょこちょこ払いの分のポイント、積み重なると結構な額になりそうですが、それよりも管理の面倒くささがちょっと合いませんでした…;;

 

2)家計簿で、出費した日✕何の項目とちまちま記入することが面倒くさい。

最初の家計簿は、エクセルで作りました。

横に一ヶ月分の日付。縦に家計簿の項目。

◯月◯日の食費に2300円、日用品に1300円。◯日は日用品4568円。…

大人2人暮らしのうちは良かったんですが、子どもが出来るとPCを立ち上げる時間も限られてしまうのです。

Excelに入力する時間が少なくなったので、ちまちまと入力することが本当におっくうになってしまったんです。

 

今はスマホに入力して、Excelには1ヶ月分のまとめ額のみ入力しております☆

 

3)家計簿の項目が多いとちまちま記入することが面倒くさい。

(2)と同じく家計簿の使い方ですが、項目が多いと、使った費用の項目分けが良く分からなくなるんですよね。

マンガは、お小遣いなのか?書籍費なのか?はたまた日用品?

病気の時用に備蓄したイオン水は、医療費?日用品?

被服・書籍・通勤費・健康費などなど…

増やしていくと結構キリがないと私は考えています。

(実際、一番最初の家計簿は細かすぎて1ヶ月で項目を半分まで減らしたことがあります(笑))

「固定費」は基本的には毎月の変動がほぼ無いモノや一度きりのものだと思うので良いんですが、一ヶ月の間に何度も買ってちょこちょことした金額が合計される「変動費」は項目が多くなればなるほど、管理が面倒くさいです。

 

お陰で、私の今の変動費は減らしに減らして「4」項目しかありません…☆

あわせて読みたい
夫の小遣いに続いて、自分の小遣いも固定費に変更します!こんにちは、いよかんです( ´▽`) 2月の家計簿を〆めていて感じた事があるので、さくっと来月から実行することにします。 タ...

 

4)レシートが溜まりがち

ズボラなので…(汗

後は、子どもを寝付かせてからPCを触っていることもあって、PC家計簿だと、中々入力するタイミングが無かったりです。

すると財布の中のレシートが貯まっていく→どんどん貯まる→財布がパンパンになる

あまり財布がパンパンになるのも良くないですが、それより沢山のレシートを処理しないとっていうプレッシャーに押しつぶされそうになります…私だけ?(^_^;)

 

現在はスマホアプリを使って、週1回(やっぱり頻度が低い(^_^;)、昼食後なんかに一気に入力してます。

まだなんとか、やる気になるレベルのレシート厚みで収まっております。

 

毎日の出費管理にスマホの家計簿アプリを使う!

上記4つの、めんどくさい原因を克服するにはどうしたらいいか?

色々試した結果、今のところスマホの家計簿アプリを使う!という方法で落ち着いています。

使うのは

  • 自分で項目設定できる
  • 項目+金額だけで入力できる簡単なもの(時間やメモなど入力するときに色々入れなくても大丈夫なもの)

なら何でも良いと思います。

人気があるものは使いやすいと思います。

一番は自分が使いやすい!ってのが良いですよね。好きな物が一番続きますから(^^)

レシートから読み込んでくれるアプリもありますね。
2秒家計簿”おカネレコ”・250万人が使うもっともカンタンでもっとも続く無料家計簿アプリ
私が使っているのは家計簿っていうかお小遣いアプリでした(笑)

カンタンおこづかいメモ – ソニー銀行株式会社

ソニー銀行が作られたアプリで、同世代の方なら知ってる人が多いかもしれないポストペットキャラクターのお小遣い帳アプリです(^^)

1ヶ月の範囲指定と予算設定をして、その結果赤字だとこんな感じででたりします。

ポストペットのモモ(ピンクのクマ)、ゆらゆら動くんで可愛いんですよ(^^)

image

 

私の家計簿アプリの使い方

私の家計簿アプリの使い方は簡単です。

項目を選んで、金額を入力するだけ。

それを出費ごとにアプリに入力していくだけです。

例えば「項目」はこれだけアプリだとありますが、使うのは家計簿で変動費に決めている4項目だけです。

他の項目は一切使わず(^_^;)

沢山あっても、後でまとめるのが面倒くさいんでね…

(このアプリは7項目自分で自由に項目設定できるんで、”日用品””子供費””病院””食費”のみ入力しています)

image入力画面もこんな感じです。

 

image

カテゴリー選択で、先ほどのカテゴリーを選択したら金額を入力。記入ボタンを押すだけ!

下に予算からいくら使って、後の残りは幾らかという「残金」があって食費などの目安になります。

あ、アプリでは基本的に入力した日が出費日になるのですが、私は一切、日付は気にしていません

修正もできますが、したことはありません。

理由は、家計簿で知りたいのは「1ヶ月の出費」で、毎日の出費ではないからです。

まとめて1ヶ月分だけ分かれば良いな~って思っているので、1項目ごとの日付はズレていても気にしていません(^^)

 

 1ヶ月分のまとめはExcelで。

1ヶ月分の期間が終わると、最後にアプリで結果がでます。

こんな感じです。%ではなくて金額なら一番良かったんですが。

金額なら、項目ごとにその金額をexcelのまとめに入力したらお仕舞いですね。

image

 

私のこの場合は%なので、excelで%を数字に直す作業をしています。

食費だと”50,598円(一ヶ月の使用分)✕57.0%=28,840円”て感じですね。

 

ちょっとくらいずれてても気にしません。

ずれてしまった数十円よりも、月ごとにどの項目がどれくらい出費がばらつくか?や、

ちゃんと予算内に入っているか?の方が大事だと思っています。

 

大事なのは家計管理を続けてみること。

家計簿をつけることが、一番家計管理では大事だと思っています。

貯金は「収入>支出」の公式になっていれば、幾らかずつ増えていきます。

ただ、人生はずっと同じままではないです。

子供が増えれば出費も増えます。

親だって年をとるし、自分たちだっていつまで働くか?分かりません。

何かが何時かはあるでしょう。

その時、自分たちの収入が突然変わることもあります。

そういった時に、自分たちの毎月使う額が分かっていれば、先の見通しをたてることができます

とりあえず今の貯金で一年くらいは暮らせそうかな。。。

不安になったり、何か合った時に頼りになるのが貯金だと思います。

その時に、毎月いくら使っているかが分かっていれば尚、ちゃんと安心できると思うんですね(^^)

私はすぐテンパっちゃうんで、特にそう。

落ち着かないまま不安なままだと、何も手につかなさそうで…(^_^;)

分かっている事があると少しホッとできるかな~なんて思うのです。

勿論、貯金をするにも家計簿があるほうがいいですね。

 

 

家計簿を続ける方法も沢山あると思いますが、その一事例として自分のやり方を書いてみました。

よかったら参考にしてみてください(^^)ではでは長くなりましたがまた~!