家族で幸せをふやす暮らし
配当金投資・節約で老後に備えている共働き家族のブログ
毎月の家計簿

大学での仕送り額が減っている。実際大学費用ってどれくらい掛かるのかな?

こんにちは、いよかんです(^^)

先日、こんなニュースを新聞でみました。

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
約4割の下宿生に対する14年度の仕送り額は、新年度の出費が落ち着く6月以降の月平均で8万8500円で、前年度から500円減。ここから家賃を除き、30日で割った「1日当たりの生活費」は897円。

地方から(と思われる)首都圏にでてきて一人暮らしをしながら私大へ通っている学生への仕送り額が減ってきているというニュースです。

仕送り額から家賃を一ヶ月で割った額を1日生活費として発表されたそう。

仕送り額の平均は月9万円弱。

結構な大きな金額だと感じます。

学費も払うと決めた場合はこの仕送り+学費になります。

a1180_013915

 

大学って実際どれくらい費用が掛かる?

このニュースをみて、ふと、実際どのくらい大学費用って掛かるんだろう?って感じたのでしらべてみました。

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
大学でかかる学費は、国公立か私立か、文系か理系か、自宅通学か自宅外かによって大きく異なります。もちろん、大学によって差があるものの、データに基づいて作成した目安額で見てみましょう。

学費+生活費として、データから目安を書かれています。

【国公立+自宅通学】

初年度:約173~183万円
2~4年目:約111~112万円
4年間合計=約509~514万円

 

【国公立+自宅外】

初年度:約279~283万円
2~4年目:約166~173万円
4年間合計=約782~799万円

 

【私立理系+自宅通学】

初年度:約232万円
2~4年目:約179万円
4年間合計=約767万円

 

【私立理系+自宅外】

初年度:約336万円
2~4年目:約238万円
4年間合計=約1051万円

 

多分、学費+生活費の最低限度の費用だと思います。

その他交際費なんかもあるでしょうから、実際はもう少し必要なのではないかと思います。

その辺りは子どもに自分で頑張っていただきたいところかな?

 

我が家の教育費も、早めに貯めてゆとり部分を作っておきたい。

わたしは子どもの大学資金として教育費を500万目標で積み立てています。

我が家の教育費だと「国公立+自宅通学」ならなんとか賄えるようですね。

ただ、他の選択肢も、あるほうが絶対に良い。

だから今のところこの目標額は15年で貯める予定ですが…できたら早めに貯めたい!

そして追加で幾らか、貯めておきたいですね。

 

わたしの子はまだ小さいです。

いつか、首都圏で一人暮らしをするかどうかはさっぱり予想がつきませんが、そうなったら覚悟しないといけないですね。

今のところ、住んでいるところが結構田舎です。

ただ、田舎でも大学は国公立含め幾つかあります。

その環境の中でも、どうしてもという目的があって首都圏なり遠くの大学へ行きたいと言えば行かせてやりたいなあと考えています。

何にも目的がなければ、行く必要は無いと思いますけどね(^_^;)

 

お金は掛かるけど、でも、ちゃんと目標なり目的がある子になってくれたら嬉しいですね(^^)