インデックス長期投資は早期リタイアには不向き。

こんにちは、いよかんです。

最近いろんなことがあって、早くリタイアしたいなあ~~なんて現実逃避したりしていました。

こういう時ってね、色々計算しているとそれで遊べるので楽しいですね(笑)。

で、色々計算して分かったことがあります。

実は以前から薄々思っていたことなんですが…タイトル通りのこと。

「インデックス長期投資」って「早期リタイア」には不向きではないか??

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

早期リタイアするには、それ以降の生活費が必要。

私は時々ブログに書いていますが、早期リタイアを考えています。

そのための資金を増やすためとして、積立でインデックス投資を行っています。

  • セゾン投信の積み立て投資。
  • 世界株式インデックス投信の積み立て。

セゾン投信の積立は、良く家計ブログでもされている方を拝見しますね。

世界的な株式・債券を組み合わせてた投信を買うことで、リスクを分散し、平均的なリターンを得る。それを長期で行うことで、資産が増加する可能性も高くなる。

私の中でのインデックス投資はそんなイメージです。

ただこれって、長期なんですよね。

長期でゆっくり確実に増やしていく。

でもそれだと、今リタイアはできなくない??

5年で倍になる!とかって投資法ではないんです。

ですよね?

(計算して…)

あ、やっぱり…。

今更って思われました?
そうなんです、今更気付いたんですよ!!!

我が家が早期リタイアするために必要な資金は?

ちなみに我が家が早期リタイアするために必要な資金額ですが、今すぐにリタイアするとしたら、大体「1億2000万」くらい必要と計算しました。

以前blogで「23万円家計の30年間の生活費」を「8200万」と試算しました。

このまま働けばいくら貯金できるかな? 一度計算してみませんか?
やりたい事のために、”お金”は必要。 私は、自分のしたいことの時間を増やしていきたいと思っています。 できれば、沢山体の動く...

そこから色々必要な出費を足して、ついでに老後資金として年金で足りない分を上乗せすると「1億ちょっと」でした。

う~ん、流石にぐうの音もでないくらい、数年くらいで貯められる額ではないですね。

ただ、その必要額は「今すぐ」リタイアするとしたらの必要額。

10年・20年後とすると勿論必要額は下がっていきます。

(この額は勿論、我が家の家計での試算です。家庭それぞれで必要額は違うと思いますので、参考程度でお願いしますね!)

リタイアに必要額
今すぐ 12,000万
10年後 8,400万
20年後 4,800万
30年後 1,800万

うーん、それでも結構な金額。くらくらしますね…。

現実的なのは20年後以降かなぁ??

積立投資でどれだけ増えるか?

次に、インデックス投資で積立をしていったらどれくらいの期間でどれくらい増えるか?です。

積み立て設定として、「毎月10万円」。(ちょっと多めですけども)

「セゾン投信を30年間積み立て」ていったとします。

投資額3600万に対して、30年後どれくらいになっているかというと…

一番可能性が高いのが4619万。

期待リターン:3.51% リスク:13.06%
元本:0万円 総投資額:10万円 期間:30年
(期待値:6304.1 標準偏差:3026.1 中央値:5683.3 最頻値:4619.0)

by 長期投資予想/アセットアロケーション分析

そうなんです。

30年ずっと積み立てて、ようやっとリタイアが現実的にできるなって金額になるんですね。

ちなみに、同じ条件で他の年数だと以下くらいになる可能性が高いです。

10年後なら、投資額1200万に対して1313万円。

20年後なら、投資額2400万に対して2854万円

数字で計算してみるとはっきりしますね。

やはり、早期リタイアの手段としてインデックス長期投資は難しい。

前提として、以下なら別だと思いますが…

  • 収入が多い(毎月の投資額が多い)。
  • 現在の貯蓄額(投資できる金額)が数千万ある。
  • 生活費が月10万前後

一番現実的というか、挑戦できるのは生活費を大幅に削ることですが…

うう~~~ん、ごめんなさい、10万前後は流石に難しいです。

早期リタイアとして20年後程度なら手段としてインデックス投資は「アリ」だと思います。

でも5~10年後は、極端な条件でないと厳しいなぁと感じました。

実はちょうど先日、いつも拝見しているblogで同じ事を書かれていて「やっぱり!」と思ったので今回記事にしてみました。

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
ただし定年退職ならともかく、この正攻法で早期リタイア出来るのはよほど収入の多いエリートサラリーマンだけでしょう。

「ひとり配当金生活」のさいもんさん。

実際に早期リタイアをされている方です。サラリーマンをされながら投資でリタイア資金を積みましたそうです。

(リタイアされた後も株式は続けられており、リタイア生活記事にプラスして市況について書かれている内容が分かりやすく、いつも拝見しています^^勉強になっています)

今回の記事でも、インデックス投資の優位性を理解したうえで、早期リタイアには必要金額が貯まるまでの時間が掛かり過ぎる(逆算して適切なポートフォリオを組もうとするとまともなポートフォリオではなくなる)とされています。

実際に、既に試算したうえで違う手段を選択された方の意見を読むと本当に説得力がありますね…。

さいもんさんは早期リタイアの手段として投資をするなら「集中投資」とされています。

実は私も、最近考えた結果そう思います。

10年後など短期で考えると、一番可能性が高いのは「集中投資」「株式」かなぁ…と。

じゃあ「インデックス投資」やめるか?

正直迷っています。難しいです。

本気でリタイアしたいと思うなら、可能性がある方法を試すべきなのかな?と思います。

だけどそれには前提として「投資」に時間を注がないと無理でしょう。

家族がいて、子どもが小さい中で私に「投資」べったりができるか?というと…今は難しいです。

申し訳ないけれど、優先順位としては子育てのほうが高いのです…。

実際リタイアするまでは数十年の期間がありますが、子育ては通り過ぎたらやり直せないのです。

ですから、インデックス投資は継続します。

何時か本格的に投資をできる時間がもてたら変えるかもしれませんから、今のところは、ですね。

これからどうしていくか、また考えていきます。

長くなりましたが、お読み下さりありがとうございました。

《 更新する励みになります 》

《 更新する励みになります 》
➔ にほんブログ村 家計管理・貯蓄
《 おすすめ記事もどうぞ 》

《 おすすめ記事もどうぞ 》

  • docomoスマホを”格安SIM”で通信費大幅削減!
  • 老後が不安だからこそ”こつこつ自分年金”
  • 赤ちゃんの風邪を未然防止 ”電動鼻水吸引器”
  • 家族みんなで映画やアニメを楽しめる
  • スポンサーリンク
    レクタングル(大)広告
    レクタングル(大)広告

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です