嗜好がばれる?わたしの好きな漫画をいくつか紹介。

こんにちは、いよかんです。

今日は漫画の紹介~てことで、初めに断っておきます!

漫画画像の貼り付けが多いですがご容赦ください(m__m)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

マンガ、わたし大好きです。

本も読みますけどね。

親がドラゴンボールが好きだったんですよね~だから、家の雰囲気的にマンガが拒絶されていなかった。その背景があったおかげで、今でもわたしはマンガを読むことが辞められません(笑

そんな訳で唐突ですが、今日は好きな漫画をいくつか紹介させていただきます。

一番最近、集めはじめたのは、少年ジャンプ漫画の「ハイキュー!」

ハイキュー!! 1 (kindle版)

高校男子バレーボールのスポーツ青春モノです。

昔強豪今弱小になった高校に色んな子たちが集まって、ライバルと戦って強くなるよ!!って分かりやすい感じの漫画ですが、みんな良い子なんですよね。あとちゃんと全力でバレーやっててかっこいい。若いころ、こんなに一生懸命になりたかったな~って憧れる子たちが沢山なのです。

スポーツ漫画って良くぶっとんだ必殺技がありますが、これは殆どないです。
ちゃんと常人がスポーツで青春してます(笑)
いまどきのジャンプ漫画の中では展開もさくさくなのがわたし的にオススメポイントです^^

ずっと好きな漫画たちのなかから。

漫画でも本でも、いや音楽とかでも同じですが、沢山好きなものの中でもずーっと大好きなものってあるんですよね。

懐古趣味的かもしれませんが、読み返すたびに夢中になる漫画がいくつかわたしにはあります。

一度売った漫画もあります。でもどうしてもまた読みたくなって買い直したりしました。

今は実家に置いているので、何時かまた読みたいです。

そんな中から幾つかを紹介しますね。どれも面白いと自信をもってオススメします(^^)!

うしおととら 

うしおととら 完全版 1

わたしが初めて買ったコミックスなんです^^

今流行り(?)の妖怪退治ものですが、絵はちょっと人を選ぶかもしれませんね(特に4巻のフスマがトラウマ要員だと思う)。

でも、もし絵が大丈夫なら是非読んでほしい王道少年漫画です。
妖怪の「とら」と人間の「うしお」が、一緒に悪い妖怪を退治していく話。…って書いてしまうとあっさりすぎる説明ですが…一番の魅力は人間味溢れてるところ!ストーリーも壮大で、しかもちゃんと広げた風呂敷を畳んでいて素晴らしい。でもそれよりも、作者さんは人が好きなんだなって感じるんですよね。普通の子もでてくる。悪い人もでてくる。でもどの人にも(ラスボスさえも)重みがあって、一生懸命で。色んな人がいて生きてるだけでいいんだよって描かれている。

読んでいると元気がでる。そんな漫画だと思います。

風の谷のナウシカ

風の谷のナウシカ 1

映画をみたことある人は多いと思うけど、漫画を読んだ人は少ないのでは?

宮崎駿先生本人が描かれている、映画の原作漫画。
全7巻ですが、アニメ映画はこのうち2巻までの内容です。
めっちゃ面白いです。実はアニメ部分はまだまだ導入部分なんですよ~。3巻以降、どんどん話が変わっていって色んな登場人物が増えます。映画では主に腐海の一部と風の谷の話でしたが、漫画は最終的に世界全体の話になり腐海の「真実」が分かったあとのナウシカの行動が見応えあります。
映画の内容を覚えている人は「ええ!そうだったの!?」とビックリすること請け合い(わたしです)。

本の形状がわら半紙のような色紙で、しかもA4くらいの大きさで置く所にこまる漫画です。

寄生獣

寄生獣(1)

映画になりましたね。実写映画、みたいと思いつつまだみれていません。

ある日突然、主人公の右手に寄生した生物「ミギー」が可愛いです(^^
同じ寄生生物と戦うシーンなどでグロい部分もあるのですが、あまり怖いとは感じない絵柄のお陰で助かっている気がします。

全10巻で長くないのに、話も絵柄も淡々としている中でも、読者に語りかけてくる部分がずっしりと重いです。

火の鳥 

火の鳥 1

手塚治虫先生の代表作の一つ。

手塚治虫先生は他の漫画も大好きですが、わたしは火の鳥が一番好きです。
「未来編」「ヤマト編」など、色んな時代や設定の話が1冊に1編ずつ(1冊に2編入っているものもあり)納められています。
共通しているのは「その血を飲めば不老不死になる火の鳥」が登場すること。どれから読んでも良いです。

初めて読んだ時、夢中で読みました。

面白い?というか凄いんですよね。命を描いている群像劇だとわたしは解釈しているんですが、生命が生きて死ぬ。人の感情や業やその他諸々がストーリーを作っているけど、それらに善悪はないということが描かれている。う~~ん、レビュー書くのが難しいです;

ところでkindle版、一冊270円でビックリしました。安い~~。

アンダーザローズ 

Under the Rose (1) 冬の物語 【期間限定 無料お試し版】

(kindle版1巻だけ無料だそうなので、リンクを貼っています)

表紙の絵でジャケ買いした漫画です。凄く絵がキレイ。一言でいうと昼ドラな話です。

19世紀イギリスの没落貴族ライナスは母が没後、父のロウランド伯爵に引き取られることになる。ライナスは母の死にロウランド家の人々が関わっていると疑念を抱く。真相を究明しようとするライナスの孤独な闘いが始まった――

最初の話「冬の物語」は2巻まで。「春の物語」を今連載途中です。

上の火の鳥が高い位置から見下ろすような話だとすると、このアンダーザローズは大家族であり、大勢を雇っている貴族の館の中で起こった密やかな人間関係話をすぐ側で見ている視点で描かれています。
ただ、人物の感情や意図の描かれ方が凄く好きです。話の内容は陰気なので人を選ぶかもしれませんが、絵も上手いのに話も上手いな~って思わせる本です。
私的に2巻以降キーキャラの伯爵家次男がお気に入りです。

最近新刊が出るたびに「何がどうしてそうなった!?」って内容でビックリします。

好きなものについて書いていると、どんどん長くなってしまいますね^^;

まだまだオススメはあるのですが、今回はこの辺で。

つたないレビューではありますが、やっぱり好きな事って書いていて楽しいので、いつかまた書きたいと思います♪

ではではおよみくださりありがとうございました!

《 更新する励みになります 》

《 更新する励みになります 》
➔ にほんブログ村 家計管理・貯蓄
《 おすすめ記事もどうぞ 》

《 おすすめ記事もどうぞ 》

  • docomoスマホを”格安SIM”で通信費大幅削減!
  • 老後が不安だからこそ”こつこつ自分年金”
  • 赤ちゃんの風邪を未然防止 ”電動鼻水吸引器”
  • 家族みんなで映画やアニメを楽しめる
  • スポンサーリンク
    レクタングル(大)広告
    レクタングル(大)広告

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です