家族で幸せをふやす暮らし
配当金投資・節約で老後に備えている共働き家族のブログ
目標貯蓄3000万の経過

2015年夏のボーナス。賞与をアテにしないような家計管理をしていくには。

こんにちは、いよかんです。

夫のボーナスがでました~~~。

通常より1週間ほど、今年は支給日が早いです。
何故?よく分からないそうです。

とはいえ、頂けると思うとやはり嬉しいです。

自分は既に戴いていましたので、
まとめて今期のボーナスとして記録しておきます。

 

2015年 夏のボーナス支給額と使い道

我が家の2015年夏のボーナス支給額になります。

夫)内緒

妻)40万

夫の分、内緒ですみません…。

使い道は前回ブログでも書いていますが以下になります。

夫のお小遣い…◯◯万円

次の車購入費…10万円

加えて、今回は端数を特別費とすることにしました。
最近、毎月の家計が赤字なので…もっと家計管理を頑張らないとですね…。

 

残りを貯蓄とします。

夏ボーナスからの貯蓄額は85万円となりました。

貯蓄のうち、一部は積み立て投資に回します

  • セゾン投信
  • 世界株式インデックス投信

などです。

今年の積み立て分は、既に証券口座に入金しています。
ということで、今回のお金は、来年の積み立て分です。

夫の支給額・小遣いを伏せているのでかなり曖昧な部分がありますが、書けなくてすみません…。

 

2馬力って凄い。

今年は、今までで一番多かったです。

久しぶりに2馬力になったので、それでなくても今までよりぐっと上がっています。
そのうえ、夫の戴けた額がいつもより多かったのです。

夫の勤めている会社はかなり業績が上がったそうで、
少しプラスして支給してくださっているそうです。

業績が上がって、ちゃんと還元していただける会社。
なんだか珍しい気持ちがします。

そう思うのはわたしだけ?

まあ景気にかなり左右される業界なので、
今年が頭だと思っておきましょう。

 

ボーナスをアテにしない家計管理をしたい。

a0002_011580

私は、ボーナスはいつかでなくなると思っています。

というか、業績が悪くなっても出し続ける会社は、
いつか小さくなってしまうのでは?と考えています。

勿論、業績が良いことが続くのが、一番会社としても良いと思いますが…
景気に左右されてしまうこともままあります。

そうした時、賞与がでなくなる可能性も考えておかなければいけません。

だから、ボーナスをアテにした家計管理をしていると少し不安を感じます。

 

そして我が家の話に戻ると…
残念なことに、今現在は、ボーナスをアテにして積み立てをしています。

さて、どうしていったら良いのかな?です。

 

ボーナスで積み立てている分を、毎月積み立てていく。

ボーナスをアテにしないためには、
アテにしているものをどうにかするしかありません。

ただ、今の積み立ては絶対に使うものです。
使うから積み立てているので、無くしてしまうわけにはいかない。

そうすると、やはり「毎月積み立てる」が良いんだと思います。

 

我が家の場合です。

【賞与の使い道】
夫のお小遣い…◯◯万円

次の車購入費…10万円

夫のお小遣いはしょうがないとして(今のところ!)

新車の積立分は、すぐには必要のないものです。

かといって、田舎なので2台ないと仕事をするのが厳しい。

車を買う頻度が2倍なので、
貯蓄から出すとかなり貯蓄が減ります。
ガッカリしてしまうんです…。

 

今の新車積み立ては

・毎月1.5万円
・年2回ボーナス時に10万ずつ

合計年38万円、積み立てをしています。

こちらを毎月の家計から出さなければいけないのです。

38万÷12(月)=3.16万円

ボーナスをアテにしないのなら、毎月3.2万円積み立てていく必要があります。

 

夫の給与で賄うには厳しい。でもやりたい事だから頑張る。

我が家は夫の給与で、毎月生活しています。

今のところ、トントンで生活できています。

ここに毎月3.2万円増えるのは…今すぐは無理!です…。

でも、やりたいと思っていること

実行していきます!

毎月の給与が増えたら…
なんて一瞬考えてしまいますが、それって、いつか叶うことでしょうか?

ただの希望ですよね。
うん、たぶん、増えることってないと思うんです。

子どもの年齢があがれば、保育園費が下がるかも…?
でも、年齢があがれば、その分他に支出が増えるかもしれない。
かも。を期待しても、実際どうなるか分かりません。

それよりも、「いまの状態」を変えていく。
現状を少しでも変えれば、間違いなく変わっていきます。

 

わたしも今回、色々、「固定費」「変動費」を絞る方法を考えてみました。

これから一個ずつ、実行していきたいと思います。

そして、この数年のうちに少しずつ節約をして、
「ボーナスをアテにしない家計」が達成できるように!

頑張ってみますね。

 

 

お読み下さりありがとうございました。