家族で幸せをふやす暮らし
配当金投資・節約で老後に備えている共働き家族のブログ
いよかん家の家計管理

【子どもの病気】熱性けいれん。”慌てず”なんて無理な病気なことを知っておいてください。

d8af6f838a124f2acabeed235cfc38cb_s

わたしの子どもは熱性けいれん持ちです。

熱性けいれん。知っていますか?

子どものいるお母さんたちも、うっすら聞いたことはあるかもしれません。

でも、子どもがそうでなければ、多分よく分からないと思います。

 

子どもの6~8%くらいの子は、熱性けいれん持ちだと言われています。

100人いたら6人くらいの確率です。意外と高いです。

そして、この熱性けいれんは発症した時、本当にビックリします。

子どもが初めて掛かった時、心臓が止まるかと思うほどビックリして、気が動転しました。

是非、小さいうちから子どもが保育園に通う予定のあるお母さんは知っておいてほしいと思って、今日は記事を書いています。

 

熱性けいれんの特徴

熱性けいれんは、乳幼児期の子どもが(6ヶ月~6歳)高熱時に起きる症状です。

 

突発性発疹など、高熱がでやすい病気に掛かった時に発症することが多く

名前のそのまま、高熱(39度以上)の時に急に意識を失い、けいれんを起こします。

5分以内に意識を戻せば、熱性けいれん。

それ以上長かったり、けいれんの状態が単純でない場合は”てんかん”など熱性けいれん以外と分類されています。

 

日本人の子ども8人に1人が、熱性けいれん持ちだと言われています。

そして、発症が一度だけの子どももいれば、何度も起きる子もいます。

一度症状がでて、その後も何度も掛かる子は全体の1/3と言われています。

 

熱性けいれんは、子どもの脳の機能がまだ未熟なために起きる症状と言われています。

脳って意外と丈夫で、例えば病気で40℃の熱がでても脳自体に影響はないんです。

(体は熱が高いと痛かったりしますけど)

43℃近くならないと、脳がおかしくなることはありません。

でも、子どもはまだ機能が未熟なので、熱があることで、脳が自分を守るために自分のブレーカーを落としてしまう。この症状が熱性けいれんだと言われています。

a0022_000226

でも、意識を失うって言われてもピンとこないですよね。

私も実際目にするまで全く分かりませんでした。

育児書で読んだって、右から左に受け流して、かろうじて「そんな病気があるのか」程度でした。

まさか、我が子がそうなるとは…

なので、ここからは、私の子どもの事例から書いていきます。

 

うちの子に起こった症状

 

子どもに熱性けいれんが起きたのは、保育園に行き始めてから初めての冬が始まった12月程度でした。

突発性発疹の可能性が高いと言われましたが検査はしておらず原因は分からない。

風邪の症状で39.8℃の熱がでた夜のことでした。

 

うちの子どもは熱の耐性があるのか、熱39℃でも機嫌が良いです。

その日も休ませようとしても、物凄く動き回っていて、親がぐったりしていました。

地味に辛いです…(愚痴ですいません)

 

そのうち子どもの熱が39℃を超えてきて、とたんに子どもがぐずりはじめたので、親がいるリビング内ですが寝かしていたんです。

寝かしつけても熱で苦しいのかうーうー言ってて。

保育園に通い始めてもう何度も熱がでることは体験していたんですが、何度体験しても心配で、寝ているすぐとなりに座って様子をみていました。

 

症状が起きたのは突然でした。

うーうーとぐずっていた声が、突然聞こえなくなりました。

あれ?と思って子どもをみたら、目が開いてるけどなんか変。

目の焦点が合ってない。

手を振っても、呼びかけても合わない。

変だと思ってすぐに、今度は体が硬直してガクガクしはじめました

そして、顔がみるみる土気色になって、唇は青ざめて紫色に。

目が白目になっていく。

今まで見たことなかった事態で、怖くて、内心パニックで、多分どうしようどうしようって何度も呟いていたと思います。

 

でも、明らかに自分でどうしようもない症状だったから、救急車呼びました。

そして電話をしながら、とりあえず食べたものが喉に詰まらないように、子どもの体を横に向けました

食べたものがでてきても、ちゃんと出てきてくれるようにです。

実際、ご飯を少し食べた後だったので、子どもの口には嘔吐物が詰まっていました。

 

それから、電話をしてから3分位で、急に子どもの意識が戻りました。

目の焦点があって、体のちからが抜けて、顔色も戻りました。

意識が無くなる前のようにぐずりはじめて、

口元まであがっていたご飯に咽て、

そして普通に泣いてくれて、初めてほっとしました。

 

救急車が来る前に意識が戻って、ほっとして。

救急車をお願いしたことを申し訳なく思いました。

救急車は呼んでも良い

熱性けいれんは、その後脳などに異常がでるものではないため、育児書やweb辞典には

「発症後10分以上症状(気を失った状態)が続くようなら救急車を呼ぶこと」

とあります。

 

でも、実際掛かったお医者様は「呼んで良いですよ」と言ってくれました。

熱性けいれんだからと呼ばずにいるほうが、重篤な症状だった場合に怖いから呼んでいいですよ、と。

その病院での小児科救急の半分近くは熱性けいれんの症状なんだそうです。

年間数百件の救急のうち、半数は熱性けいれん。

我が子の時のように救急対応してくださった方には本当に申し訳ない気持ちで一杯です。

 

だけど正直、あの症状は怖いです。

まだ小さい子は、自分では何もできません。

その子どもをイザという時に守れるのは、側にいるお父さん・お母さんしかいません。

だから、そう言っていただけて本当にほっとしている私もいます。

 

熱性けいれん持ちの子は、保育園が大変

あれから、うちの子は熱性けいれんを起こしていません。

熱性けいれんに2度以上掛かる子は30%と、元々再発の可能性は低めなのですが、

それ以外にもけいれんを止めるお薬があるんです。

 

熱性けいれんは症状が起きても体に何も異常はないと言われますが、あの症状は本当に怖いです。

お医者様から見ても、体が大きくなれば無くなっていく症状ですから、しばらくの間だけ発症するのを抑えた方が良いと感じられるのかもしれません。

うちの子は熱が出るたびに「けいれん止め」と言われる薬を飲んでいます。

それを服薬していると、熱性けいれんが起こらないんです。

(残念ながら、原理は私には分かっていませんが…)

 

熱があると分かってすぐ、37.5度以上の時に、一度けいれん止めの座薬を挿します。

それから8時間後に、38.5度以上熱があるようなら、再度けいれん止めを挿します。

 

これだけ。

この2回をきちんとすれば、熱性けいれんは起こりません。

このおかげもあって、うちの子も熱性けいれんの症状はでていません。

 

ただ、共働きで、子どもを保育園に通わせながらこの処方をするのは結構大変です。

保育園の方も元々子どもは熱がでやすいと分かっていて、うちの保育園は38.5度前後までは様子をみてくれます。

連絡をくれるのは38.5度前後になったら、となっていました。

 

それを37.5度の熱がでたら連絡をもらうようにしました。

 

そうです、2週に1度は連絡をもらいました…。

0歳時クラスの、1歳ちょっとのうちの子は、平熱が37度でした。

眠くなるだけで37.4度くらいはすぐにでます。

風邪を引いて少し体調が悪くなれば38度なんてザラにでました。

 

週に一度は熱でお休み。

朝から熱がある日は、申し訳ないけど協力してもらえれば夫と半日ずつ出勤

実家の父母が余力があるようなら、預かってもらう。

それでも、2週に一度は保育園から連絡があって、迎えにいく状態でした。

 

また、2度めの服薬をする8時間後が、寝る前ならいいですが、

保育園でお昼に気付いた時は夜中に服薬しないといけない時もあって

そうすると12時に服薬したりすると、子どもの目が覚めるんですよね。

当然ですが、ぐずりますよね。しんどいのに起こされて、しんどいだろうなーと思いながら、親もぐったりで…。

頑張り過ぎない。周りを頼ること。

低年齢時に熱性けいれんが発症した時。

共働きで保育園に通って、2人だけで頑張っていくのは相当大変です。

私は実家が近くにあり頼ることができましたが、都心などで核家族だと実家に頼ることができないかもしれません。

 

そんな時は、まず会社の人には知っておいてもらうことです。

わたしは上司にはこんな症状がでるから、お迎えの頻度が高いと伝えました。

実際なってみないとピンとこない症状です。

理解してくれる・してくれないは人によって違うと思うけど、社会人として、会社に迷惑を掛けるかもしれないということは事前に伝えるべきだと思ったんです。

業務に支障をきたす前に連絡しておくことは、自分にもできる事ですから。

 

そして、頑張り過ぎないこと。

頼れる人がいれば、頼ること。

 

同僚には申し訳ないけど、子どもを守れるのは自分しかいない。

そう思って、自分も最低限寝るようにして、子どもの体調が悪くて熱がでているなら思い切って会社を休ませてもらいました。

子どもが1歳の時は、月に4日以上休んでいました。

色んな事がままならなくて、しんどくて悔しかったです。

 

ただ、子どもは大きくなるのもあっという間です。

1年経った今年の冬は、まだ一度しか熱を出していません。

子どもって本当に強くなります。

大人と一緒くらい強くなる…のは難しいけど、一年ごとに少しずつ体調不良が少なくなります。

 

初めての保育園生活のうち、初めての冬は子どもにとっても、親にとっても中々大変な年だと思います。

風邪をひいたり、中耳炎になったり、インフルエンザが怖かったり。

熱性けいれんも、特別じゃなくてそのうちの1つなのでしょう。

1年経てば、子どもはしっかり大きく育ちます。

うちが、そうでしたから^^

 

今この冬で、初めての保育園に通っているならきっと大変だと思います。

だけど、来年はずっと楽になりますから、

できるだけ無理しないように、体調を整えて、お互い頑張っていきましょうね。