お金を貯め方。大事なことは「欲しいモノ」の順番をはっきりさせること。

お金がないから、お金を貯めないと!

でも中々貯まらなくて…

なんで貯まらないんだろう?
そう思っていませんか?

教育ローンを返済したり。

車のローンを返済したり。

支払う物が多いから。

それとも、収入が人に比べて少ないから…。

「お金が無い」色んな理由が浮かびますよね。

わたしも昔はそうでした。

車もあったし、田舎だから収入も少ないし、こんなんじゃたまらないよ!

そうずっと思っていました。

それでも、そう言って文句を言ってもお金が増えたりはしませんでした…。

悩んで悩んで、おもいきって思考を変えてみて…やっと貯められるようになったんです。

実は、お金を貯めるには、「本当に欲しいモノ」が必要なんです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

お金を貯めるには、「欲しいモノ」を考える。

a0002_011580

お金を貯めるって、欲しい「モノ」を手に入れることなんです。

当たり前って?
そうでもないんですよ。

いつの間にか、「”お金”が欲しい」と考えている人も多いんじゃないかなって、私は思います。

でも、お金そのものは、それ自体は何者でもありません

財布をふくらませるか、お賽銭か、それとも通帳の数字になるか。

「お金」そのものであるお札や硬貨には、それくらいしかできることはないんです。

お金の利用価値は「モノ」と交換できることなんです。

お金が足りない。

そう言っているなら、実は代わりに何かを得ているはずです。

でも使ったあとのことは、意外と覚えていない人もいるので…私とか(苦笑)

今回は、次に手に入れたい、「モノ」を具体的に考えてみましょう

例えば~で、いくつか上げてみますね。

  • 「家」が欲しい。
  • 「新しい車」が欲しい。
  • 「子どもの学資」が欲しい。
  • 「エアコン」を換えるために買いたい。
  • 「タオル」がくたびれてるから買いたい。
  • 「車検代」今月末が車検なので。
  • 「タイヤ代」少しだけすり減っているので。

私の例だと、今月車検なので「車検代」が欲しいです。

交換したい「タイヤ代」も欲しいです。

子どもとプールデビューしたいから子どもの「水着」も欲しいかな。

ちいさいモノから、おおきなモノまで、全部出してみると意外とでてきますよ。

考えることは、「値段」ではなくて「本当に必要かどうか」

わたしの書きだしたもののうち、すぐに買える少額のものもありますね。

反対に「家」や「車」なんかは、貯金があったとしても、少し考えてしまう高額なものですね。

でも、お金を貯めたいと思った時、

「本当に必要かどうか」を最初に考えないといけないです。

お金を貯めたいなら、「本当に必要かどうか」を真剣に考えることが必要です。

わたしを例にすると、「絶対必要!」と私が思っているものは、実は少ないです。

  • 子どもの学資
  • 車検代

この2つだけです。

新しい車を買う前に、まだ今の車に乗れますし、タイヤもまだ使える。

家は賃貸があるし、タオルはまだ使えています。

タオルがくたびれているのを替えないの?

そう思われるかもしれない。

もちろん私も、余裕があるなら変えてもいいと思います。

でも「安い物だから」では買わないかな。

お金がない!と何時も思っているのに、「安い物だから」と言って買っていたらキリがないんですよね。

他にも、「家がどうしても欲しい!」人もいるかと思います。
それは、それでいいんですよ。

わたしとあなたでは「欲しいモノ」が違うのは当たり前なんです。

ただ、「値段」の高い安いで物を買っていると、間違いなく「お金が足りない」人になります。

わたしは、昔そんな人でした。

お給料が入ったから…と、ついつい物を買っていました。

社会人て、結構自由に物が買えますよね。
わたしみたいな田舎は車通勤が普通なんです。帰りに行ける行動範囲が、結構広いんですよね。

そして、学生時代と違って、お金を少し多くもっている。

同じような同僚もいて、私はいつも彼女と可愛いカフェにいって、ご飯を食べて帰っていました。いつもといっても、月に3,4回。

それでも1度で飲み物もご飯も、スイーツも頼んでいました。多分、合計すれば1万円くらいになった気がします。

その生活はとっても楽しかった!

でも、お金ってたまらないな~~ってずっと思っていました。

お金がないから、高いものって買えないなって思っていました。

でも、逆なんですよね。

少しずつ少しずつ、余裕があるからといって使っているから、ちょっと高い「欲しい物」を買うお金が貯まらないんですね…。

本当に欲しいなら、

毎月少しずつでも貯めて、買うのが良いんですね。

真剣に考える「欲しいモノ」はときめくものなのかも。

書いていて、こんまりさんの有名な「断捨離術」と似ているなあと思いました。

こんまりさんの断捨離法は、とにかく、「自分がときめくものかどうか」が基準です。

ときめくもの、それ以外は処分したほうが良い物なんです。

人生がときめく片づけの魔法

お金を貯めるのも、「自分の欲しいモノ」が本当に欲しいものかどうか?が大事だと思うんです。

人からそれ本当に必要?と言われても、欲しい!と思えるものなら、私は手に入れるのが良いと思います。そのためにこそお金をためて、使うのが良いなって思っています。

そうしていくと、最後には自然と、

「本当に欲しいモノ」以外にはお金は使わなくなっていくんです。

お金は日常的に使用するもの。

日常は「習慣」でできています。

お金が貯まるような「習慣」を身につけるために、少しずつ意識してみるといいのかなって思います^^

《 更新する励みになります 》

《 更新する励みになります 》
➔ にほんブログ村 家計管理・貯蓄
《 おすすめ記事もどうぞ 》

《 おすすめ記事もどうぞ 》

  • docomoスマホを”格安SIM”で通信費大幅削減!
  • 老後が不安だからこそ”こつこつ自分年金”
  • 赤ちゃんの風邪を未然防止 ”電動鼻水吸引器”
  • 家族みんなで映画やアニメを楽しめる
  • スポンサーリンク
    レクタングル(大)広告
    レクタングル(大)広告

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です