贈り物は好きであげるもの。

こんにちは、いよかんです。

先日、友人が結婚するというので(おめでたい!)、お祝いを贈りました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

百貨店で1時間半もウロウロしてやっと決めた。

お祝い、百貨店で購入しました。

なんと1時間半もウロウロしてました(汗)

丁度実家に帰っている期間だったので、親に子どもを預けて一人で出かけてウロウロ…

image

インテリアの階・婦人服の階・食料品の地下街…
食器・キッチン用品・珍しいお茶や和服系・布団などなど。

ほんっとに色んなとこを回りました!

回りすぎた?(笑)

2回は往復して、消耗品よりもしばらくは使ってもらえるものがいいな~と思って、食器にしました。とーっても触り心地の良いお椀です。ベタです(笑)

贈り物は、本当に好きな人にだけ。

贈り物って、凄く悩みます。

お店に行ってからも本当に悩みます。

だから、私は本当に、心からあげたい人にだけ贈り物をしています。

逆に、

義理とか、なんとなく友達周りで…
そんな感じなら、あげないです。

贈り物をする時、楽しいけどすっごく考えて消耗するからです。

わたしだけかな?^^;

あげようと思ったら、ちゃんと現物を見たり、その人に合いそうな物をずーっと考えて自分に後悔がないように(?)選びます。

贈ったあとは一切気にしません(笑)
私からの気持ちだけなので、後で何も言われなくてもいいです。

勿論、周りの人は素敵な人ばかりなので、後で何も言われないなんてことはないのですが。

自分がしたいから、していること。
そう考えています。

私が贈り物を貰う時、勿論嬉しいですが、言葉だけでもいいし、なくてもあまり気になりません。
お祝いって貰ったら嬉しいけど、もらわなくても別に良いんじゃないかな?

勿論そうじゃない、ちゃんとこまめにしたい人がいるのも分かっています。
その人からみて、私は少し足りていないかもしれない。

でもまあその人はその人。
わたしはわたし。

いろんなスタンスの人がいてもいいじゃないか。

お祝いは義務じゃなく、心からあげたいと思った時だけ私はしています。

そう思ったのは、元上司からの贈り物をもらってから。

わたしがそうやって贈り物をするようになったのは、
実はわたしが結婚してからです。

結婚したときに、すでに遠くに異動していた元上司からお祝いをいただいたんです。

image

ペアのお椀。結構こぶりです。

もう、これが触るとすっごく気持ちがいいんです!!
漆塗りがつやっつやで、いただいてからずーっと使っていますが全然剥げないです。

素人の私でも分かる、量販店の物とはまったく違います。

ずっときれい。ひと目で良い物と分かるものです。
(ちなみに福井の越前漆器です)

それが凄く嬉しかったんですよね。

もう異動して数年が経過していたのに、ただの一社員だった私のことを気にかけてくれていたこと。

贈っていただいたものから、わたしを大事に気に掛けてくれていたんだなって。

こんな人になりたいと大それた事を思っているわけではないんです。

贈り物ってこんなに素敵だって思わせる事もできるんだってビックリしたんです。

それまで、私にとって贈り物って義務とかなんとなくでした。
ネット通販で、贈り物にオススメってのを探して、人気がありそうなものを選んで…

それはそれで良いんだけど。

でもできたら、自分で見て決めたいな。そう思うようになって自分でお店を巡ってさがすようになりました。

そして、できたらずっと使ってもらえるものがいいな。そう思って、割と百貨店で探すようになりました(結構安くても素敵な物があるんだ~と再発見)


20150810


元上司から戴いたものが素敵すぎて、こんな風にも思っています。

贈り物って、「ちょっと良い物」と出会う機会にもなるんだな。

量販店の安く丈夫なものでも、勿論良いものもあるんだけど、
本当にお気に入りになるものって、使っていてこんな気持ちになるんだなってわかったんですよね。

その機会になるかなって。

断捨離で有名なこんまりさんの「お気に入り」に囲まれる生活。

それって本当に素敵だな~って。

贈り物って、そんなことが分かる機会でもあるんですね。

うん、やっぱり上司みたいに素敵になりたいのかもしれません(恥)

およみくださりありがとうございました。

《 更新する励みになります 》

《 更新する励みになります 》
➔ にほんブログ村 家計管理・貯蓄
《 おすすめ記事もどうぞ 》

《 おすすめ記事もどうぞ 》

  • docomoスマホを”格安SIM”で通信費大幅削減!
  • 老後が不安だからこそ”こつこつ自分年金”
  • 赤ちゃんの風邪を未然防止 ”電動鼻水吸引器”
  • 家族みんなで映画やアニメを楽しめる
  • スポンサーリンク
    レクタングル(大)広告
    レクタングル(大)広告

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です