家族で幸せをふやす暮らし
配当金投資・節約で老後に備えている共働き家族のブログ
断捨離したもの

【断捨離】片付けが苦手だからこそ、持ち物を少なく大事にしよう。

こんにちは、いよかんです。

 

子どもが段々大きくなってきて…物が増えてきませんか?

嬉しいけど、困る。

子どもは遊ぶのが仕事!

なので、おもちゃを出しては広げます。
積み木・プラレール・お絵かきのクレヨンに紙…

ひとつ出して広げて遊び、飽きたら次をだして広げて遊び…

まだうちの子は、片付けをすることが習慣になっていません。
(親と本をしまうくらいは、一緒なら…程度です)

気がついたら部屋いっぱいに、おもちゃやお絵かきセットが広がっている状態になっているんです…!

 

最近、片付けベタだからこそ、「モノの量」を減らす努力が大事だと気づきました。

子どもは周りの物がすべて「遊ぶおもちゃ」。

d8af6f838a124f2acabeed235cfc38cb_s

子どもは色んな物をおもちゃにしますね。

車の乗り物・三輪車・くまのぬいぐるみ…
なんて、大物だけではなく、小さい空き箱や車のカギも大好きです。

子どもは大人の物が大好きなんですね。

段々赤ちゃんから子どもになってきて、”自分の物”が欲しいんだなって感じています。

最近は、自分のお茶碗・スプーンが分かるようになってきました。

大人のおハシをみては、自分にも!とせがんできています。
ちょっと早いかな?でも、興味があるうちに触らせてみたいとも思うので近いうちに買ってみたいと思います(流石に見てないと危ないので、気をつけます!)。

こうやって、子どもの成長が目に見えてくると本当に嬉しいです

 

「モノ」が増えると、片付ける回数も増える。

ただ、住んでいるスペースには限りがあります。

こうやって「モノ」が増えてくるとすこーしずつ、住んでいる場所が「モノ」でいっぱいになっていきます。

「モノ」が増えると、段々自分たちの場所が狭く感じてきませんか?

机に紙類が重なってきたり。

貰ったけど使わないものが、飾ったままにしてあったり…。

季節が変わって、しまおうとしても仕舞う場所がない!

なんてことに、なってきませんか?

 

告白すると、私は、「片付け」付けがものすごーーーく苦手です。

 

キレイに収納するとか、
キレイにディスプレイするとか、

そういうことが、どうも苦手なんです。

一時期、片付け本を読んで、物の場所をつくることはできるようになったけど、

見せる収納などの、センスの良い片付け方法はまだまだ修行中ってかんじです。

 

そんな訳で、「物」が増えてくると、とくに目に見える場所に増えてきます

そうするとね、子どものおもちゃになるんですね^^;

 

毎日、子どもが出しては片付ける。

食べて危ない大きさは置いてないけど、その分出してこられると落ちているのが目に入る。

毎日、毎日、なんど片付けたら済むんだろう????

疲れました^^;

 

「片付け」が苦手な人こそ、捨てる努力をしよう。

一人暮らしの時は、「キレイに片付け」より「物を増やさない」ようにしていました。

あの頃は、ベッドではなく、ふとん生活でした。
カラーボックスに入るだけしか、本も買わなかったし、
食器棚も持っていませんでした。

あの頃は楽だった!

それを思い出して、最近、ちょくちょく物を減らすようにしています

 

「片付け」が苦手だからこそ、「片付け」があまり必要のない状態にすること。

 

一人暮らしで感じていたこと。

家族暮らしは色んな事が変わったけれど、大事なことは変わらないんですね。

 

今日は、これを片付けました。

子どもの1歳までのおもちゃ箱です^^

image

ペットボトルに鈴を入れたおもちゃ、作っていました~。

他にも貰ったものも買ったものも沢山あります。

 

ドキンちゃんボールなど、今でも使っている物はそのまま。

もう使わないと判断したものは、小さくなった服と同じ場所にしまいました。

 

私は片付けベタなので、こういうことは気づいた時にしかなかなかできません。

普段から…ってのが、むつかしい…。

でも、意識だけでもしておくと違うんです。

意識しておくと、子どもが遊ぶおもちゃが変わってきたことに気づける。

使わない育児用品がでてきたことに気づける。

少しずつ物の種類も変わってきて、
家族に変化があることも気づけるんですね。

 

私は「常に」は出来ないけど、「気がついたら」ちょくちょくやっていこう。

時間がある時に、ちょっとずつ、ちょっとずつ、頑張って整理していきたいと思います。

 

やっぱり、部屋がキレイだと嬉しいですしね^^
無理せず、自分のペースでやっていきたいと思います。

子どもが大きくなってきたら、一緒に片付けできるようになりたいなあ。

 

子どもが多いお家でもできるスッキリ! 整理術