家族で幸せをふやす暮らし
配当金投資・節約で老後に備えている共働き家族のブログ
保険は最低限

来年度の生命保険を見直して、生命保険料を減額しました。

こんにちは、いよかんです。

夫が会社から団体保険の更新案内をもらって返ってきました。

昨年も見直しました!
→ 【保険】生命保険の減額

もう一年経ったみたいです。早いですね~。

 

今年も更新するので、さっそく保障額の見直しを行いました。

  2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
夫保障額 1900万 1500万(※1) 1500万(※2) 1000万(※2)
妻保障額 900万 800万 600万 300万
保険料 6400円 5300円 4900円 3100円

【我が家の生命保険額ルール】

夫の必要保障額=3000万円
妻の必要保障額=2000万円

ここから、貯蓄額を引いた額を、必要な生命保険の保障額としています。
貯蓄が溜まった分、保障額が下がるということです☆

 

2014年12月の貯蓄額は約1400万ですので、2015年の必要保障額は以下のとおりです。

夫保障額=1600万円
妻保障額=600万円

また、夫には学資保険での生命保険300万円保障があるのでそれも加味します。(※1・※2)

夫保障額=1600万円→1300万円
妻保障額=600万円

 

ここで、団体保険の保障額は1000万円の次が1500万円しかないことに気づきました。

1300万円の部分がないので…1000万と1500万と迷って、夫と相談の上1500万円の保障額にすることとしました。

(大は小を兼ねるということで^^)

 

と、いうことで、今年の生命保険についてはこうなりました。

保障額=夫1500万+妻600万=2人で2100万円分
保険料=約4900円/月(58800円/年)

 

来年度分の保険料、月400円(年4800円)安くなる予定です。

 

 

生命保険については保障額は、その時で変わってくると思います。

特に、独身時代・結婚後・子供が産まれてからといった時に大きく変わると思います。

その時は一度、自分たちに必要な保障額を考えてみるといいですね。

 

また、それ以外でも、少しずつ変わってくるものだと思います。

気が付いた時に、確認してみるといいのかも。

 

会社の団体保険は、「1年更新」が多いかと思います。

我が家は夫の会社の団体保険で契約していますが…配当金を加味すると、共済やネット生保の保険料と同じくらい安い保険料になります♪

毎年見直すというのは手間と思う人もいるかもしれませんが、見直す機会があるということでもあります☆

見なおして減額できれば、自動的に固定費も下がります^^

 

もし利用できる機会があるなら、一度みてみるのもいいかもしれません♪

 

では、本日もよんでくださってありがとうございました♪