家族で幸せをふやす暮らし
配当金投資・節約で老後に備えている共働き家族のブログ
断捨離したもの

【断捨離】”ものを見直すこと” は、 ”習慣を見直すこと”

こんにちは、いよかんです^^

 

子どもが自分でなんでもやりたがるようになってから、奥に仕舞っておいた物もだして遊ぶようになりました。

嬉しいけど大変…(汗

 

そんな訳でこの週末も、もう使わないだろうというものを少し手放すことにしました。

今日はキッチン下から少し。

ジップロッ◯などの、保存容器です。

image

沢山ありますよね…

これ、わたしと、夫の、お互いの独身時代からのものなんです。

二人分だからこの量に^^;

 

何時か使うかな?

子どもがいるから、土日に沢山常備菜を作ってこれに入れておこうかな。

そんな気持ちで、今の住まいに引っ越した時に残しておいたんです。

 

今は見事に子どものオモチャに(笑)

常備菜も、少しは土日に作りますが、そうはいっても冷蔵庫も独身時代の小さいものを使っています。そうすると、自然と入る量に限りがあるんですよね…。

作って2つ、3つくらい。

 

やっぱり、”いつか使うかも?”は、”ほとんど使わない”ですね。

 

お弁当箱にもなるタッパを幾つか残して、手放すことにしました。

よくよく考えてみると、お弁当箱って、子どもの遠足やときどきのお出かけでしか使っていなくて勿体無かったです。

殆どレンジ対応のものです。

常備菜の保存容器は、お弁当箱で十分。

物は使ってあげたほうが良いですね。

 

そんな訳で、置いていたキッチン下はこんな感じに。

image

 

以前は、写真内ボールの上に保存容器が積み上がっていました。

お弁当箱と、少しのタッパだけ残しました。

ちょっと空間ができたな~って感じです。

よくよく考えてみると、容器が沢山あって、ボール自体も出し入れしにくかった…(汗

 

習慣て、気付かず面倒くさいことをしているものですね。

時々、”物を見直すこと”は”習慣を見直すこと”にもなるんですね。

なんだか良い発見をした気がします(笑)

 

 

お読み下さりありがとうございました。