家族で幸せをふやす暮らし
配当金投資・節約で老後に備えている共働き家族のブログ
毎月の家計簿

夫の医療費月3万円を今後しばらく計上していきます(涙)

こんにちは、いよかんです。

 

夫のお小遣いをカードへ振込にして数ヶ月…

あわせて読みたい
夫のお小遣いは、コンビニATM手数料無料の「SBIネット銀行」を利用します。こんにちは、いよかんです。 先月から、夫のお小遣いを「振込式」にしてみました。 それまでは毎月手渡しだったん...

 

「もうお金がない」

という言葉を何度も聞き…

最初のうちは、趣味で旅行もしていたので、そのせいかと思っていたんですが…

ん?なんだか違うらしい?ということに気づき、聞いた所、

 

どうやら、医療費に月3万円も掛かっていたそうです(汗)

 

夫のお小遣いは月4万円としています(交通費別)。

月3万円も掛かるということは、残り1万円で生活しているということ…。

最初のうちは夏ボーナスのお小遣いを使っていたそうなんですが、

自分の好きなことに使っていることもあって、みるみるうちに無くなってしまったそうです。

 

健康が最優先

少し話した結果・・・医療費を前もって3万円取り置いて置くこととしました。

以前からの予算1万円でしたので、4万円ですね。

う~~ん高い。気持ち的に苦しいです(苦笑)

 

でも、健康がなにより優先だなと思うんです。

体がうごかないと、働いて仕事もできないし、

体がうごかないと、なにより、こころが苦しいのです。

 

夫は、めまいや頭痛が多い人間です。

一時期はめまいで全く動けなくなったこともありました。

その時は、寝ることでしか治せないそうです。

1週間ほど寝るだけの生活もありました。

耳鼻科、内科や神経科など、総合病院にも何度か掛かったことがありましたが、西洋医学である現代医療には、夫の症状を軽くしてくれるものすらありませんでした。

 

76bb863a1ef4ef689366c636ec0b7214_s

 

今は東洋医学に掛かっています。

民間資格の治療なので、そうすると、健康保険の対象ではないんですね。

夫の医療費が月3万円も掛かるのはそういう理由。

毎週5千円ずつ使って通っています。

ただ、今まで寝るだけだったのが、めまいで仕事を休むということはなくなりました。

めまいが軽く起きそうになることはあっても、酷いものはなくなったそうです。

 

わたしも腰痛で数日動けなかった時がありましたが、

体が痛いというのは、本当にこころがつらくなります。

もう一生こうなのではないか。

もう動けなくなるんじゃないか。

 

月3万円は大きいけれど、夫のこころを考えると、出せない額ではないです。

わたしにとって「健康」は、お金を使うべきところです。

 

でも代わりにお小遣いをちょっと減らしてみます。

でも、懐はくるしいです(苦笑)

今、毎月の貯金は7~8万円くらい。

月、3万円出費が増えると、それが半分になることになります。

 

ということで、夫のお小遣いを4万円→3万円に削減してみます。

焼け石に水かもしれませんが、少し様子見してみます。

 

家計予算としては2万ほど増えることになります。

他に減らせるところは積み立てくらいですかね…

20150918

 

 

医療費って、なんだか余分に使ったと考える人は多いと思います。

だけど、私は医療費って、必要経費だと考えています。

 

すぐに病院に行くからお金が掛かる。

元気な人間からしたら医療費が掛かるのは、意味がわからないかもしれません。

家族でそんな人がいると、お金が掛かってしょうがないとため息を付きたくなる気持ちも・・・勿論わかります(笑)

 

元々備わった治癒機能でしばらくすれば治る病気が大半だと思います。

そちらに多額のお金をかけるより、治癒機能・免疫機能を増やす努力をしたほうが良いですよね。

対症療法よりも予防や原因を退治するような方向へいくのが一番です。

 

でもそれがままならないなら・・・

こころがつらい、生きていても楽しくない。

そう毎日思うなら、対症療法でもいいじゃないかと、わたしは思います。