小さいこどもが本と親しむコツ2つ。


子どもが2歳を超えて、急激に「ことば」と「もの」が繋がるようになってきました。

ぞうさん、うさぎ、コップ、などなど・・・

お歌のようなリズムで単語をおしゃべりする様が、毎日がピカピカした花火が上がっているように輝いてみえています。

ほんと、凄いな~って思うんですよ(^^

(もう半年もしたら、言葉でのごまかしができなくなりそうな予感もしています…)

この夏は、小さい水族館みたいなものに行く機会がありました。

そしたらもう次の日から「さかな」が分かるようになっていました。

そんなこともあり、「さかなの図鑑」を買ってみました。

学研の図鑑LIVEの「魚」です。本屋さんには同じような図鑑系が色々並んでいたのですが、フルカラーの中でも一番鮮やかな魚が多く載っていたので、赤・黄・青とキラキラしていて大人がみても楽しい本です。

BBCearthのドキュメンタリーDVDも付いているんですが、こちらは大人が楽しいものかもしれません。タツノオトシゴや滝を登る魚など、私はとっっても面白い!と思ったけど、子どもには見栄えしなさそうな気がしますねー(汗

image

ところで、買ったは良いものの…最初、子どもは本を読むことがありませんでした。

綺麗な状態であるのは良いけど、親のわたしとしては汚してもいいからめくってほしいな~と思うのです。

そこで、ワタシ的にやってみた子どもが本と親しむコツ2つを紹介します。

  • 子どもの場所に本をおくこと
  • 大人も本を読むこと

  • 子どもの場所に本をおくこと

リビングの隣に本棚があり、図鑑が大きいことから最初はそこへ置いていたんですが…

リビングに置いてある「子どもの物置き場」に本を移動しました。

image

私が独身時代から使っていたカラーボックスを再利用中です(笑)

保育園で購入している絵本、親が買った絵本、おもちゃもごちゃごちゃ混ぜで置いています。

図鑑が重いことから危険を考慮し、絵本スペースではなく、下のおもちゃ段においています。

(画像では取り出した後なので、のっていないのですが)

本当に小さいキッカケだけど、それを変えてから毎日のように取り出して、今は開いて「さかな」と指差しています。

子どもに楽しんでもらいたいなら、「子どものスペース」に置いたほうが良いんですね。

当たり前のようだけど、「大人の習慣」で本を本棚に置いていました。

でも「子どもの習慣」には、その場所を利用する習慣がないのです。

おもちゃと同じ場所において、おもちゃのように扱ってくれたらいいなと思います。子どもにとって「親しむ」は遊ぶことですもんね。

  • 大人も本を読むこと

子どもに絵本を読んであげることはあるけれど…大人は本を読んでいますか?

「絵本を一緒に読む」ことは大人とのコミュニケーションをとることで、それはとてもとても大切なのですが…

子どもに本を読む習慣をつけたい・親がいなくても本を見てほしいと思うなら、大人が本を読むことも大事だと感じています。

小さいうちの絵本は、絵も言葉も初めてのことばかりで、子どもにとってキラキラした世界だと思います。

だけど、大きくなってくるともっともっと面白い、友達と遊ぶことを覚えます。

人は子どもに限らず、周りの影響を受け続けています。

「友達」の影響を受けて、そのままなら「本」はどんどん影響が小さくなりますが、

「親」が本を読んでいれば、知らず知らずにその影響を受けて、「本」が身近になります。

わたしは本が大好きですが、一時期は漫画ばかりでした(苦笑

それでも本全般にとても愛着があって…それは小さい頃から、親が本屋さんに連れて行ってくれたからだと思うんです。

親が立ち読みしている間、絵本を読んだり、漫画の伝記シリーズを読んだり…活字ばかりの本は全く読んでいなかったけど、親も本を読んでいる中、自分も同じ事をしているのがとても嬉しかったのを覚えています。

本を読め、なんて言わなくても、親が本を読んでいれば「本は読むもの」と無意識に影響をうける。それでいいと思います。

《 更新する励みになります 》

《 更新する励みになります 》
➔ にほんブログ村 家計管理・貯蓄
《 おすすめ記事もどうぞ 》

《 おすすめ記事もどうぞ 》

  • docomoスマホを”格安SIM”で通信費大幅削減!
  • 老後が不安だからこそ”こつこつ自分年金”
  • 赤ちゃんの風邪を未然防止 ”電動鼻水吸引器”
  • 家族みんなで映画やアニメを楽しめる
  • スポンサーリンク
    レクタングル(大)広告
    レクタングル(大)広告
    スポンサーリンク
    レクタングル(大)広告

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です