家族で幸せをふやす暮らし
配当金投資・節約で老後に備えている共働き家族のブログ
FXで豪ドル積み立て

こつこつ外貨積み立てが40万円分になりました。

こんにちは、いよかんです。

 

SBI FXトレードでこつこつ積み立てている豪ドルの積み立て、一年が経過しました。

どんなふうになったか、ちょっとご紹介です。

豪ドル積み立てが40万円分になりました

1119

2015年の9~10月から始めたんですが、

建玉数量…買い付けた通貨が5,000豪ドルになりました!

今の豪ドルが87円程度なので、40万円分

 

「FXで豪ドル積み立て」は、数千円分の豪ドルを毎週こつこつ買っていく…ただそれだけの作業です。

でも、意外と、貯まっていますよね!

 

勿論、毎週買い付ける金額は自分でルールづくりをしています。

そうしないと、豪ドルがどんどん上がっていく!って時に釣られて沢山買ってしまいますからね。

そうすると、逆に下がってきた時にどんどん含み損が増えて、青ざめる事になります。

わたしが外貨積立する理由。

投資をしていると、「外貨をもとう!」って良く言われます。

ドル円とかよく言われますよね。

アメリカドルが上がって円が安くなれば、日本のが輸出産業が儲かるって。

リーマン・ショック時に75円まで下がったアメリカドルは、今や120円以上になっています。

ドルを持っているだけで、なんと1.5倍以上増えることになるんです!

輸出産業は円安になったので、リーマンショック後より1.5倍は売上が違っているはず。

トヨタとか大きい企業になればなるほど、この「為替」の影響は大きいでしょう。

 

日本という国のチカラがなくなっていくと、日本円の価値が下がっていきます。

それは今すぐじゃないです。

でも、25年後には年金だって、若い人1人が高齢者1人を支える時期がきます。

今はまだ3人で1人を支えている時期。

1人が1人を支えるって…なんだかすっごく大変そうじゃないですか?

どんなに頑張っても、支えてくれる人が減っているというのは、かなりプレッシャーになりますね…。

 

そんな時のために、わたしは外貨を持っておきたいと思ったのです。

たって1人に支えられる前に、自分で自分を支えられるように

 

でもお金持ちじゃないから、ちょっとずつ買いたいかなって。

いきなり、今数百万!とかは無理(笑)

月に1~2万くらいずつなら、まあなんとかなるかなと考えたのです。

それで、金利の高めな豪ドル(オーストラリアドル)をちょっとずつ「こつこつ外貨積み立て」しています。

外貨積み立てできる証券会社が少ない。

a0002_001041

外貨って、毎月いくらずつ「積み立て」ができるサービスのある証券会社ってあまりないんです。

カブドットコム証券」なら外貨MMFという外貨サービスで積み立てが出来ます。

こちらなら、本当に設定した金額で、毎月少しずつ積み立てをしてくれます。しかも今まで業界手数料最安値といわれていたSBI証券よりも、手数料が安かったりするんです。

MUFJ系列なので凄く信頼もあるし、今頑張っている証券会社だと感じます。

 

ただ、まだ1年前にまだ手数料が高かったこともあり、私は口座を開いていません。

そして、私の口座を開いていたマネックス証券・SBI証券も良い会社なのですが、外貨積み立てサービスはなかったんです。

 

でも、外貨を一気に沢山買うのは怖い。

するならちょっとずつの積み立てがいい。

 

そう考えたので、1通貨から買うことができる「SBI FXトレード」を利用することにしたんです。

 

ただ、FXは自分でいくらでも売買ができるサービスです。

ですから、積み立てをしたいならルールづくりが必須!です。

わたしのルールはこちら

積み立てルール☆

通貨:豪ドル/円
口座:SBIFXトレード
ルール:毎週月曜に8000円分の豪ドルを購入
年に40万円分の買い付けになる計算
(口座に毎年20万円移動し、レバレッジは最大2倍とする)

ちゃんと、1年で40万円分の買い付けになりました。

今の豪ドル積み立ては「含み損」の状態

今年の前半は豪ドルが高く95円だったのですが、今現在は85円程度。

そのせいで、含み損になっています。

まいなす3まんえんです…(悲)

1119

でも、こうやってちょっとずつ積み立てしていると、不思議なものであまり気になりません。

だって、まだたった1年ですからね。

わたしは10年程度はこの外貨積み立てをしていきたいと思っています。

できれば、年金が貰えるまでの30年くらい頑張ってみたいですが…そこまでは未来が予想できないので(笑)とりあえず10年。

あと9年もあるので、豪ドル円がどんな価格になっているか、さっぱり分かりません。

 

今より、下がっているかもしれないし、上がっているかもしれない。

でも、利子のようなスワップは1年で6,000円付いたし、

下がっても、安い価格で買い付けができます。

すんごく上がったら一旦売却してもいい。

あ、あと積み立てた「外貨」を、手続きさえすれば、海外旅行で使用するということもできます。

 

一気に買い付けして、ただ売る時期を待つよりも、

ゆったりのんびり待てるのが、「こつこつ外貨積み立て」の良いところです。

「外貨積み立て」したいなら「外貨MMF」か「FX」で

「外貨」といえば「外貨預金」が浮かぶかもしれませんが、手数料が馬鹿高いのでまったくおすすめしません本気でやめたほうが良いです。

 

為替取引について、1番手数料(コスト)が安いのが「FX」です。

とはいえ、SBI FXトレードでの「FXで豪ドル積み立て」は自分でルールづくりをして、そのルールを守らないといけないので、投資を経験したことがある人にしかオススメできません

(ただ、経験したことがあれば、手数料(コスト)が1番安いのでオススメです)

 

外貨預金とFXの中間的な手数料になるのが「外貨MMF」

さきほど紹介した「カブドットコム証券」なら外貨MMFで外貨積み立てが出来ます。

こちらの方が初心者向けですね。

最初に毎月積み立てる数量だけ決めてしまえば、ほったらかしできますから。

ほったらかしだと、口座を見ることも減るので、損益もあまり気にならなくなってきます。

そういう、ほったらかしでコツコツ投資したいという人に向いています。

 

私も以前、外貨MMFで外貨を買っていたんですよ。

でもその証券会社では「積み立て」はできなくて…為替が上がったり、下がったりした時も「待つ」ことしかできませんでした。

今は外貨MMFでも外貨積み立てができるんですから、良い時代ですね!

記事を書きながら「カブドットコム証券」にも興味がでてきたので、口座開設してドルを積み立てしてみようかな…?^^

 

 

 

個人的に為替の魅力は、「海外旅行」でも使える。

自分で実際使うことができることかなって思っています。

株ではそういうことは出来ないですからね。

(株主優待が魅力的ですが♪)

 

為替も、こわーいFXで大量に売買して…というものだけではありません。

のんびりこつこつ。そんな投資もあるのです。

自分に合ったやり方で、こつこつ長期投資していきましょうね。

 

お読み下さりありがとうございました!