家族で幸せをふやす暮らし
配当金投資・節約で老後に備えている共働き家族のブログ
固定費を軽くする

車は本当に贅沢品であることを知っておくこと。

田舎に住んでいると、車が必須です。

個人的には、車が必須な地域を「田舎」と思っています。

5e1ab727389599292ba94f54b2c512fb_s

 

電車、待っても来ないですから。本当に30分~1時間に一本しか来ないです。

電車を一本遅らせる、一本早める、で1時間ほど時間が変わってしまうと1日24時間のうち1時間がそれだけでずれてしまうんです。

都市部の方はピンと来ないかもしれないですが、会社への往復での電車時間だけで2時間ロスすることだってあるんです。

車を最低必需品としているお陰で電車やバスというインフラ整備が悪いんですよね。

車道は多く、広いんですが…。

会社も駅から遠く、保育園も駅の近くには殆どありません(ただ、園庭は都市部より広いでしょうから、一長一短だと思います)。

車は必需品だけど、お金が掛かるものだと知っておくこと。

そんな訳で、いよかん家は車を夫婦1台ずつ、2台所有しています。

それで思うこと。それはやっぱり、

 

車というものは、必需品であろうと贅沢品

ということ。

家計簿をつけていると、車の占める割合の大きさを感じます。

車を維持することで、家が買える

 

車の維持費で、家が買えそうな金額になることを知っていますか?

1年の維持費を考えると、思わず車を手放したくなりますよ。

 

まずどれだけ所有するかが、人によって違いますね。

免許を返上するとしたら70歳中盤くらい?

20歳に免許をとって、それから乗っているとしたら50年くらい?

個人的には「車を”2台”所有すれば家が買える」と、感じています。

 

今回は、2台所有している我が家の例で考えてみましょう。

いよかん家の車費はいくらかかる

例として、我が家の予算から計算してみますね。

参考→生活費予算を出産後用に新しくしました。

【設定】

車2台(普通車200万・軽150万)。
・65歳まで働くとして、車を30年所有する計算。

30年分、車を使用するための費用を計算します。

 

【費用は大まかに4種類】

費目 内訳
維持費 2万円/月
新車購入費 350万/10年に1度
ガソリン代 0円 (会社からの交通費で相殺とする)
駐車場代 4,000円/月(2台分)

維持費には、車検代・定期点検・タイヤ等交換・免許更新費など、車を維持するために必要な費用が全て含まれています。

【車の維持費に必要な金額(30年分)試算】

維持費)2万円×12ヶ月×30年 = 720万円

新車購入費)350万円×3回 = 1050万円

ガソリン代)0円

駐車場)4,000円×12ヶ月×30年 = 144万円

合計 = 1914万円

 

ちなみに、自分も夫も20歳から車を持っています。

 

この計算30年です。

定年後も所有し、例えば40年、車を2台使用すると2500万円必要です

ファミリーカーになると、車の値段自体が倍くらいになるのでもっといきますね。

少し都会にいけば、駐車場はもっと高いですよね。

 

車を2台所有すると、お金が掛かること、数字にするとドカンときますよね。

ほんと、都内は流石に無理ですが、郊外や田舎の2LDKマンションくらいなら買えそうじゃないですか?

”家”じゃなくても”老後資金”になりますよね。

 

車はやっぱり贅沢品

家計簿を付けると、”車に掛かるお金の高さ”を心のそこから感じますね。

でも、意外とそのことを田舎に住んでいると忘れてしまいます。

知人友人家族みんなが車を所有している、そんな世界だからです。

車が必需品であるところで暮らしていると、”車”はPCやカバンと一緒なんです。

車は持つべきもの。

だから、贅沢品として背伸びをして高級車を買うことはあまりないです。

でも、その代わりに、買って使うということに目がいってしまって、どれだけの費用が掛かっているかということについては無頓着な人が多い気がします。

 

車検があって、次のボーナスはちょっと使える額が少ないなあ。

もう買って10年だから、次の車を何にしようか。

 

そんな話は良くするけど、じゃあお給料から、車の費用ってどれくらいか?

全体の話は、あまり見ている人がいない気がします。

 

”固定費”は必要なものだからこそ計算して考える。

田舎は車が必要ですが、車以外にも生活に必要なものは沢山あります。

田舎じゃなくてもそうですよね。

 

スマホの通信費。

何かあったときの保険。

住むことに掛かる費用。

 

固定費と言われるものは、殆ど生活に必要な費用です。

でも、だからこそ、ちゃんと本当に必要か?どれくらい必要なのか?考えることが大事です。

a0002_003051

 

固定費の出費を考える時は、使う期間全てで計算をすると、気が引き締まります。

現実が分かりますから。

今回の車も、収入に対しての割合が分かりますよね。

こうやって費用をきちんと考える。

ちょっと欲しい物でも、そうして考えると、そこまで欲しいこともないかなって思ったり、

もっと欲しいものにお金を掛けたほうが良い気もしてきたりするんです。

自分で稼ぐ金額も分かればなおさら、お金は有限なんだって、強く感じます。

 

 

今は掛ける金額に対して、手放した時のデメリットの方が大きいのでとりあえずこのままですが…私も、何時か車を手放したい。手放して自転車生活がしたい(笑

とりあえず、次の車は新古車狙いで行きます。

新古車は新車プレミアム分が無くなりますから…ちょっとでも安く、ですね。

まだまだ、あと3年は今の車を使用する気ですけどね!