高額療養費制度は事前申請が基本!払戻しまでの期間が長いので現金も大事ですよ。

以前、記事にした「高額療養費制度」。

この制度は、入院費・治療費がかなりかさんでしまった時に、治療費の限度額までの支払いで済むという制度です。

この制度を使用すれば数百万治療費が必要となった時も10万円程度で済むことが多いんです。

詳しい限度額はコチラを確認してみてくださいね。

この高額療養費制度で、是非知っておいて欲しいのが

前もって申請しておくことができるということ。

入院して長くなりそうだったり、

入院することが予め分かっているなら、

この事前申請をしておいたほうが絶対に楽ちんだと思います!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

高額療養費制度の事前申請

20160307_2

※画像はけんぽサイトからお借りしました

1)高額療養費制度の事前申請の流れは、「限度額適応認定証」申請用紙を自分の加入している健康保険へ提出します。(初めてのことなので、健康保険へ連絡して教えて貰うのが良いかも)

2)その後、健康保険から「限度額適応認定証」が返却されるので、

3)この認定証を医療機関へ提示する。

この3ステップで高額療養費制度が事前に適応された状態になります。

事前申請した方が、お金の事を考えなくて済む。

高額療養費制度を事前申請しておくと何が良いか…?

それは、お金の事を考えず、ゆっくり治療することができることです。

通常、健康保険だと治療費は3割。

100万円の治療費のうち、3割の30万円を退院時に支払います。

その後、高額療養費制度を使用すると、例えば限度額10万円の場合は、

差額の20万円が後日返還される…という制度です。

事前申請をしておけば、退院時に限度額までの支払いで済むんです。

後で申請して返還されるというのも面倒ですから、できるだけ事前申請が良いんですね。

我が家の高額療養費制度を使用した感想

何故そう感じるかというと、

我が家は子どもが小さいころに、一ヶ月入院しました。

そこで高額療養費制度を一度使用しているんです。

事前申請制度があることは知っていたけど、どう使えば良いか分からず。

わたしは子どもと一ヶ月病院だったので、調べたり使用することもできず…

ですから退院時に数十万の治療費を支払いました。

(命が助かったので、その時は正直安いと思いましたよ。)

その後、夫にお願いして高額療養費制度を使い、治療費を返還してもらいました。

↓これが通知書。10万円返ってきました~。

1123_2

事前申請でも後日申請でも、自分が使う費用は一緒な訳ですが、

高額医療費制度を使って感じたのは、後日申請の場合、お金の返還に時間が掛かる!

3ヶ月ほど掛かりました(汗)

出産一時金なども入金まで時間が掛かるので、公的期間の制度は何事にも時間が掛かるんだと考えておいたほうが良い気がします。
高額医療費というのはものすごく有り難い制度なのですが、いかんせん期間が長いです。

数ヶ月経ってから返還ですから。

申請を行うって事は、ある程度まとまった金額を支払った時です。

もし、貯金がある程度なかったらと考えると結構怖いです。

半年くらい貯金なしで、ギリギリの生活とか怖いですよね…?

申請するってことは大病後ですから、ちょっとの体調変化でもドキドキするんです。

ですから、私は公的制度で助かった~~って気持ちより、

貯金しておいて良かった!って気持ちの方が大きいです。
いざという時、すぐ使えるお金があるって有り難いです。

ぶり返さないか不安でドキドキしている日々でした。

精神的なゆとりが、少なくとも生活費についてはあるっていうの、結構大きいです。

貯金、増やしたいなと思うと投資などに使いがちですが…

ある程度は、手元で持っておくの大事です。

もし、手元にあるお金が少ない場合は民間の保険をきちんとしておくことも必要かなーと思ったりします。

本当に本当に思います。

覚えておいて損はない!

1)高額療養費制度は、前もって申請ができる。

 (健保に聞けば教えてもらえる)

2)ある程度は、すぐ使える手元に貯金を置いておくこと。

まとめると、こんな感じでしょうか。

病気の話を聞くと、なんとなく自分は大丈夫だと思ってしまいがちですが…

だれだって、いつ、どうなるかなんて分かりません。

我が家だってビックリしました。

だから、イザというとき、こういったことができるということだけでも覚えておきましょう。

知っていれば、詳しく分からなくても聞くことができますもんね!

お読み下さりありがとうございました。

《 更新する励みになります 》

《 更新する励みになります 》
➔ にほんブログ村 家計管理・貯蓄
《 おすすめ記事もどうぞ 》

《 おすすめ記事もどうぞ 》

  • docomoスマホを”格安SIM”で通信費大幅削減!
  • 老後が不安だからこそ”こつこつ自分年金”
  • 赤ちゃんの風邪を未然防止 ”電動鼻水吸引器”
  • 家族みんなで映画やアニメを楽しめる
  • スポンサーリンク
    レクタングル(大)広告
    レクタングル(大)広告

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です