家族で幸せをふやす暮らし
配当金投資・節約で老後に備えている共働き家族のブログ
趣味・読書・レジャー

2015年連載中の大人向け少女漫画でわたしのオススメ4選

オススメマンガっていうと、少年漫画が浮かぶイメージがありますが…

わたしは、少女マンガも大好きです!

失恋ショコラティエ」や「俺物語!」も映像化されたので、決して少年漫画の影に隠れているわけではないと思いますが…やっぱり、「恋愛中心」と思われているからなんでしょうかね?

女性向けといっても、男性が読んでも面白い本は沢山あるとおもうのですよね。

そんな訳で、今日は純粋に、私が今連載を追っていて大好きなシリーズをご紹介します^^

 

ちなみに、どれも”恋愛してる感”は薄いので、男性でも読めると思います。

「恋愛もの」でも、恋愛から「家族もの」とか「個人の成長」が描かれている本が好きですね。

東京タラレバ娘

東村アキコ先生は「ママはテンパリスト」や「海月姫」も読んでいましたが、この東京タラレバ娘が今1番面白いと思います。

30overで恋愛も結婚も仕事もしたいけどうまくいかない。

気がついたら「~だったら」「私だって~していれば」を言ってしまっている。

そんな女性たちの話。

シナリオライターの主人公が人気モデルの男の子にズバズバ言われるのが、もう自分のことのように感じて、毎回頭が割れそうになります。

30前後で自分を振り返る時間ができた女性なら、だれもが薄々思っている事たち。

”酔って転んで男に抱えて貰うのは25歳までだろ
30代は自分で立ち上がれ
もう女の子じゃないんだよ?おたくら

”だからあんたたちはダメなんだよ
何かあったらすぐ女子会女子会って
ヒマな女同士でつるんでギャーギャー騒いで”

”恋も仕事も上手くいかないアラサー女の
使えるモノは貯金だけ”

作者の東村さんは、女性の心を捉える言葉がほんと上手いですね!

でもコメディ部分も上手い。

自虐ネタが上手なイメージです。

わたしも30歳になったとき、もうずっと1人なんだろうなって思ってました。

だから、お金貯めるようになりました。

不安だらけの中、確実に積み上げられるものはそれしかなかった。

 

でも、女性って、繊細な面もあるけど、結構図太いよね!

わたしは女子会、気のおけない仲なら大好きです^^

Bread&Butter

ある事件をきっかけに教師を辞め婚活をはじめるがうまくいかない主人公(柚季)は、自信をなくしかけた矢先、文具店の片隅でパンを焼く風変わりな洋一と出会う。

 

人と人が付き合うことで成長していく過程をゆっくり書かれていて、のんびり読めるマンガです。

芦原妃名子先生は、うさんくさい男性を書くのが上手だと思います(笑)

以前連載されていたPieceに出ていた男の子もとらえどころがなかったなあ。

 

わたし、元々、ご飯物のマンガに弱いんです。

だって、ご飯て、誰かと食べるとしあわせじゃないですか?

私はお菓子を趣味にしたい!と思った時があって、その理由は”ご飯よりももっと、なくても困らないけど、食べるとしあわせになるから”でした。

パン屋さんのパンも、わたしにとってそんなイメージで、食べるとほんとに美味しい。

 

主人公と付き合っていくことになる、道楽でパンを焼いている洋一さんが、私には自分と重なったんですよね。何かをつくることは、自分と向き合うこと。

”パン屋でパンを焼く”ことから、いろんな事に向き合うことを見せてくれるマンガです。

 

逃げるは恥だが役にたつ

派遣切りにあって、再就職もままならないみくりは、娘を心配する父親に、会社の部下・津崎さんのハウスキーパーを頼まれる。そしてある日、津崎さんから思いがけない提案が!?

 

雇用契約(?)として仮面夫婦を営む2人を軸にしたお話です。

アルバイトで家政婦をしていたら、雇用先から仕事として夫婦をしませんかって話。

家賃や光熱費食費は半分ずつ。

互いの実家に帰省する際は時間外手当。

新婚旅行という名の社員旅行。

最近のDINKS(子どものいない夫婦)イメージと近いですが、それをもっと「雇用化」した感じですかね。

少女漫画って恋愛すばらしい!ってマンガが実際多いのですが、この漫画は恋愛と結婚のめんどくさいと感じる部分を、主人公たちが冷静に分析していて、そこが面白いところだと思います。

結婚する理由は、周りから結婚や恋愛について色々言われるのが嫌だから。

とはいえ、実際結婚してからって、それはそれで親戚やお互いの友人たちとの付き合いもある。そうすればどうしても、本人たちは「雇用」と考えていても「関係性」を考えて、変わっていかなければいけない。

結婚てなんだろう?と、第三者な視点で考えられるお話です。

 

最新話が、わたしにはわかるーわかるーでした。

例え恋愛していたとしても、何もかも相手に譲歩するのは苦しいこと。お互いのプライベートゾーンを大事にすることも必要ですね。

マダム・ジョーカー

お金持ち、美人、かわいい子供たち、未亡人、これらをすべてあわせもった女性──。それが月光寺蘭子。誰もがうらやむそのゴージャスぶりで、他人から受ける妬み、嫉みは数知れず。しかし、そんな物に負ける蘭子ではない。何をも恐れぬ性格で今日も楽しく事件解決!

 

少女漫画でのセレブって、平民の主人公を好きだと言っているのが多いというのが私のイメージ…なんですが、この作者さんが書かれる話はセレブ世界からみた”世間の常識”という、ちょっと変わった世界観。

主人公の蘭子さんの性格は、セレブだけどちょっと天然くらいの普通の感覚の人。

 

妬みとか、格差とか、周りに合わせないといけない雰囲気とか…わたしたちが普通に過ごしていて不安に感じるもやもやすることを、お金持ちの立場からみたら?で解決する。

よく聞くもやもやっとした話を皮肉ったコメディが多いですね。

ちょっとずれて感じる考え方だけど、嫌味もなく、さっぱりすっきりするんですよね。

 

連載されている雑誌が、主婦向け雑誌…とで知っている方、かなり少なさそうですが。

 

この世界観や、キャラの性格はこの作者しか描けないだろうと思わせるオリジナル感があって、わたしはずっとファンです。

ちょっと変なんだけど、憎めない可愛いキャラで、普通の少女漫画と違う展開。

描かれるマンガ殆どセレブの世界で、日常話なんですけどなんでだか飽きないんですよね~。

1話完結型で読みやすいし、やっぱり面白い!

 

やっぱりマンガは面白い

「4選」と中途半端な数字は、あと1つが選べなかったんです。

他も好きなマンガは沢山あるんですが、どーしてもどれも好き!ってなってしまって!

「7seeds」や「とりかえばや」「金の国水の国」、この間終わってしまったけど「宇宙をかけるヨダカ」とかとか。

……沢山でてきてしまうので、今回はやめておきます(笑)