なかなか「習慣」にならないのはなんでだ? 習慣にするために必要な2つのこと。

『 心が変われば、態度が変わる。
  態度が変われば、行動が変わる。
  行動が変われば、習慣が変わる。
  習慣が変われば、人格が変わる。
  人格が変われば、運命が変わる。
  運命が変われば、人生が変わる 』

マザーテレサが言った言葉とも、ヒンズー教の教えとも言われていますが、

わたしはこの言葉がとても大好きです。

でも、中々「習慣」にするって難しいと思ったことないですか?

わたしは難しいです!

子どもの頃、何度、7月中に夏休みの宿題を終わらせてやる!と思ったことか。

8/31に毎年思っていたわたしです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

「習慣」にするには。

8122fb816af2d4c8cdea9eb86edc1d75_s

2015年の今年から有料サーバーを借りてブログを書き始めてから、随分とブログ記事を書いてきました。

毎日or2日に一度更新することを心がけてきました。

ネタもなくて苦し紛れってときもありますが、毎日続けていると、書くのが普通って気になってきます。不思議ですね。

家でも、仕事でも、ふっと「これブログに書けるかも?」って感じる時があります。

ブログを書くことが習慣になってきたなあと感じる瞬間です。

ただ、今のわたしには、ブログをほぼ毎日書くことくらいが精一杯。

ブログを書き続けるためには、朝早起きしないと書けないということが分かって、今はなんとか書き続けています。

欲を言えば、他にも色んな事をはじめてみたいわけです。

でも、なかなか、続かないんですよね。

自分が何かを変えたいと強く思った時、

他人を変えることはできないので、自分を変えるしかありません。

思考を変えて、行動になり、積み重なれば習慣になっていきます。

そうすると、良い習慣をたくさんしているのが良いことだ!

って思うわけですが…これが中々難しいです。上手く習慣になりません。

新しいことを習慣にするには、今の習慣に気付いて、やめること

良い習慣のはずなのに、中々身につかない。

なんでだろう?

ここ1年位ずーっと考えていました。

で、最近ちょっと分かった気がするんです。こうなんじゃないかって思ったこと。

「元々ある自分の習慣をやめなければ、新しいことを身につける時間は生まれない」

結局、時間がないことが1番の原因な気がします。

例えば、わたしがブログを習慣にするためにしたこと。

それは、ずっと夜型と思っていた自分をきれいさっぱり止めたこと。

夜型人間という習慣をやめて、朝型に変えたんです。

これって、ずっと夜起きるままだとブログを書けなかったので、無理やりやったことなんです。でも、意外となんとかなるぞって、自分でビックリしました。

よくよく考えれば、そりゃそうかって思いました。

毎日24時間、びっしり何かをやっている訳です。

そこに新しいものを加えようと思っても、なかなか難しい。

結局、新しいことが身につかないのは、今の(自分の)習慣で自分がいっぱいになっているから。無理にいれようとしてもパンクしてしまうだけ。

減らさないと、新しいことって入ってこない。

なんだか、「断捨離」と通じるものがありますよね。

断捨離も最初、自分がたくさんモノを持っていることに気づくところからはじまります。

自分の習慣を変えたいと思うなら、「自分の習慣に気づくこと」が大事。

そして、自分の習慣がわかれば、止めても良い習慣を止めてみる

こうやって、空いたスキマに新しいことを詰めていくのが、習慣を身につけるためのコツなのかも。

「自分の習慣」に気づくには、新しい知識を入れないといけない

a0960_006029

大事なのは「自分の習慣に気づくこと」。

私は体が弱いです。

内蔵もかなり弱めですが、整形外科的なところによくお世話になっていました。

ヘルニア(腰の骨4番目だったかな?)もあります。

腰痛や腱鞘炎になってからずっと不思議に思っていたんです。

子どものころは皆と同じで遊び回っても平気だったのに、どうして私はこんなに体が弱いのか?どうしてこんなにすぐ体が痛むのか?

病院は薬をくれたりしますが、関節痛はそれだけでは良くならないことが多いんです。

CTをとって、椎間板がはみ出してるヘルニアですよって言われたら、もうこれは不治の病気みたいなものと判定されてしまいます。

とりあえず、痛くなくなるまで腰痛体操と牽引療法、電気療法です。

割と体の痛みは、筋肉という体のコルセットをつくると治まることが多いです。

筋肉をつけるには、ストレッチと筋トレが大事で、毎日15分位筋トレとストレッチを続けていれば、痛みはなくなって、治った気がするんです。

でも、毎日15分の筋トレが、私は続かなかったんです。

しなくても痛くないからってやらなくなる。

そしてまた1ヶ月くらいすると、痛くなってくるんですよ。

痛いのは嫌だからまた頑張るんです。

でも、その時だけなんです。

体に痛いところがでたことがある人は分かっていただけるかもしれませんが、腰痛や腱鞘炎など、慢性的な痛みを毎日感じていると、「もう治らないのではないか」「ずっとこのまま生きていくのか」って思ってきます。

それが凄くキツイ。

だから、ちゃんと筋トレしたいのに続かないんです。

ああ、ダメだなあ…こんな私は、年をとって、筋肉がもっとつきにくくなったらどうなってしまうんだろうって、ずっと思っていました。

今、アレクサンダー・テクニーク(AT法)というボディワークの教室に通っています。

筋トレから始まって、ヨガや、ピラティスを通じていきついたんですが、

興味が湧いて、通いはじめました。

AT法…あまり聞いたことある人はいないと思いますが、内容を簡単にいうと、「自分の習慣に気づく」ということをしています。

人が何かをする時は、心だけでなく体も動きます。

楽しい事があったとき、自然とスキップしたり(古い?笑)、

不安な時、辛い時は無意識に、ぎゅーっと体がこわばっていることがあります。

AT法は自分が何かをしているとき、体はどんな動きをしているか?

自分の体の動き感じることから「自分の習慣にきづく」ことを教えてくれるんです。

なんだかうさんくさい?と感じられるかもしれませんね^^;

でも、れっきとしたヨーロッパで生まれたボディワークを通じた考え方です。

主に整体に関わる人や、音楽や運動に関わる方が習うのだそうです。

わたしたちって、人によって姿勢も歩き方も違いますよね。

体格が違う・仕事が違うことも大きな要因だけど、その姿勢を作っているのは間違いなく「自分の毎日の習慣」なんです。

自分が姿勢の習慣を作っている。

習っているアレクサンダー・テクニークは、体についての知識を勉強しながら、実際にいろんな姿勢をしてみます。

・体を支えるインナーマッスルは太ももの内側から内蔵へ続いている。

・腰には肩や手首のような関節ではないから、折ったり曲げたりを長時間続けられるようにはできていない。

とかとか、骨を見ながら解剖学的なことも勉強しています。

そして「体の知識」を身につけた状態で「自分の体の動き」を確認してみるんです。

すると、不思議なことに自分がいかに変な習慣をもっているか気づきます。

まず、身につけた知識から導き出された「楽な姿勢」をとってみる。

そして、またいつもの「習慣になっている姿勢」をとってみる。

全然違うんです。

いつもの自分って、明らかに自分の体に負荷が掛かりやすい方法で、姿勢をとっているんです。しんどいことをずっと続けてしまっているんです。

これは実際、やってみないと分からないことだけど、やってみると全然違ってビックリすると思います…!

初めてアレクサンダー・テクニークに行ってみて、そこが衝撃的すぎて面白くて、ちょっとずつですが続けています。毎回、自分の体の変な習慣に気付いてびっくりします。

って、ちょっと話がずれましたがーーー。

結局なにがいいたいかというと、

「知識」や「経験」がないと、「今の状態が良いのか悪いのかもわからない」

ってことなんです。

姿勢の話にもどると、

わたしは今まで自分の姿勢が良いのか悪いのかもわからなかったです。

悪いだろうな…とは思っていたけど、どこがどう悪いのか?

どうしたら良くなるのか?もわかんなかったんですよ。

だから、変えたいとも思わなかったわけです。

いわゆる「良い姿勢」をしてみても、違和感ばっかりで腰痛がすぐ良くなるわけでもありませんでした。

だから、「習慣」になるはずがないですよね。

でも、「体の知識」を学んで、知識を学んだ状態で、「楽な姿勢」と「いつもの姿勢」をしてみると全然違うことが分かるわけです。

「自分のいつもの姿勢」ってこんななんだって、実感します。

比較してみることで、どっちが楽にできそうか、どっちの姿勢を習慣にしたいか考えることができる。

「楽な姿勢」を身に着けたいと思うわけですよ。

そんな訳で、今は日常の中で「いつもの姿勢」をしていることに気付いたら、

まずそれをやめてみて、「楽な姿勢」をする…ということを続けています。

体に身についた習慣てガンコで、ちょっとやそっとじゃ変えられません(笑)。

ほんとに、気づいた時にすぐやるってことが大事ですね。

今、半年くらい経ちますが、ちょーっとずつ、「楽な姿勢」が習慣になってきた気がします。

いや、でもまだほんのちょっとです(汗)

そして、筋トレついでにヨガも家でしていたんだけど、

ヨガって、基本的に決められたポーズをとることで筋肉がついたり、体の縮んでいるところを伸ばしたりするんです。

「このポーズは、この姿勢をとることでこことここを繋げている筋肉を使っているんだ」

不思議なもので体の知識が身についたお陰で、そんなこともわかってきました。

ヨガの勉強をしたわけではないので、なんとなくですけど(笑)

「新しいことを習慣」にするには、そのための「知識」や「経験」が必要です。

それらを身につけるために「本」があり「教わる」ことが必要なんですね。

1人の時間は有限ですから。

自分だけで頑張っても、いつか身につくかもしれない。

でも、本気でしたいと思うのなら、今既に身に着けている人から教えてもらうのが1番効率が良いです。

そのほうが、きっと自分で納得がいくまで頑張れます。

そして、「今の自分の習慣」に気付いて、「必要なければやめる」こと。

この2つが、「新しい習慣」を取り入れるために必要なことだと私は感じています。

わたしは、わたしなりに楽しい人生を送りたいです。

そのためには、わたしが自分を変えて、楽しいと思える人生を作っていきたいと思います^^

《 更新する励みになります 》

《 更新する励みになります 》
➔ にほんブログ村 家計管理・貯蓄
《 おすすめ記事もどうぞ 》

《 おすすめ記事もどうぞ 》

  • docomoスマホを”格安SIM”で通信費大幅削減!
  • 老後が不安だからこそ”こつこつ自分年金”
  • 赤ちゃんの風邪を未然防止 ”電動鼻水吸引器”
  • 家族みんなで映画やアニメを楽しめる
  • スポンサーリンク
    レクタングル(大)広告
    レクタングル(大)広告

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です