家族で幸せをふやす暮らし
配当金投資・節約で老後に備えている共働き家族のブログ
セゾン投信

早期リタイア諦めていません。「大金持ちの教科書」に学ぶ、お金持ちになる方法

大金持ちの教科書」を読みました。

前作の「お金持ちの教科書」が面白かったので。

 

わたしは以前から「早期リタイアしたい」と言っているんですが、最近その気持ちがちょっと収まっていたんですよ。

多分ブログを書くのが楽しかったから(笑)

ひとつにハマってしまうと、他のことがすぽーんとどっか行ってしまいます。

好きな事をしたい時にしよう!と最近考えて実行してきているので、そのお陰もあるかもしれません。とても良いことなんですよね。

 

でも上記の「大金持ちの教科書」を読んで、また「早期リタイアしたい!」気持ちがふつふつと盛り上がってきました(笑)

 

大金持ちの教科書に学ぶ、お金持ちになる方法

「大金持ちの教科書」に書いてあったことを少し書くと、

景気拡大期がお金持ちになろうとする人にとっての最大のチャンス。このタイミングを逃してしまうと、そう簡単にはお金持ちになれない。

・高度成長期かどうかにかかわらず、おおよそ10年に1度は「株式市場のバブル」はやってくる。(大勢の人はこの1番高値から株式をスタートしてしまう)

多分、投資をしている人には常識なんだろうと思います。

わたしも、知識としては知っていました

でも、体験してはじめて、やっと実感できました。

わたしはやっぱり、早期リタイアするには「株式」という投資が必要だと考えました。

 

「貯金」では早期リタイアできない

a0002_003051

お給料って貰える額は毎月変わらないじゃないですか。

しかも生活費に使って、残ったものがちょっとずつ貯金として積み上がっていく。

月に数万。ボーナスで数十万。毎年なら100~200万。

 

以前、わたしは早期リタイアするのに必要な額を出しました。

その額、1億2000万円です。

これでも我が家の例で、しかも最低額なので、ゆとりを持てばもう少し欲しいと思います。

 

でも、1億円って、貯金じゃすぐには貯まりません

頑張って頑張っても貯まらない方が多いと思います。

20年後くらいには、早期リタイアに必要な額はもっと減っています。

貯金が溜まっていれば、それくらいには退職できるかもしれない。

でも20年後でも、わたし55歳なのでもう定年間際です。

それって早期リタイアじゃないです(汗)

 

そう考えると、早期リタイアしたいとおもうなら、

やっぱり「貯金以外のお金の増やし方」が必要なんです。

 

わたしにとっては、それが「株式投資」です。

株式投資にはリスクがあります。

上がる可能性もあれば、下がる可能性もあります。

おいそれと人に薦められるものではありません。

でも、ずっと仕事に行ってお給料を貰うだけの人生だった私が、貯金以外に、早期リタイアできるくらいにお金を増やせるものってあるでしょうか?

リスクもなく、時間も、必要な知識もなく、稼げるものって、世の中にあるでしょうか?

あったとしたら、そっちのほうが怖いと思いませんか?

 

お金というのは「時間」であり「可能性」だと私は考えています。

だから、お金を稼ごうとおもうなら「時間」を掛けて「可能性」を捕まえていくしかないんです。

本で学び、実践して体験して積み上げていくしか、お金は稼げません。

ただ、もう「サラリーマン」のように労力と時間を費やしてその対価に小金を貰うのは、正直しんどいです。

自分の時間を使うなら、サラリーとは全く違うことが良い。

自分にとって面白いと思えること、勉強したいと思えることでお金を稼ごう。

私にとってそれが「投資」なんです。

 

アベノミクスで資産が2倍以上になった。

景気拡大期がお金持ちになろうとする人にとっての最大のチャンス。このタイミングを逃してしまうと、そう簡単にはお金持ちになれない。

大金持ちの教科書にあったこの言葉。

物凄く心に響いた言葉でした。

 

日経平均10年のチャートでは、アベノミクス前後では8,000➔20,000です。

買って持っているだけで、2倍になったんです。

これってやっぱり凄い。

(ちなみに私の勤めている会社の株は、アベノミクス前後で7倍になっていました)

1103_3

 

そうなんです。

この時期に、投資をしているだけで自分の資産を2倍にできたんです。

(実際は”だけ”というのが1番難しいことなんですが…)

 

ただ、わたしはこの前にリーマン・ショックを経験していました。

100万近くの損失を出していて、もっと下がるのではないかと怖かったです。

だから、底値の時にちょっとしか買えず、そして上がりかけてすぐのところで殆ど手放しました。多分日経1万2000円台の時です。ほんとに上がってきた最初ですよね。

アホだなーとおもいますよ、自分でも(苦笑)

 

でも、知識を持っていても、持っているだけじゃだめなんですね。

知識を得て、自分でどうするか、どうするのか、考えないといけないんです。

そして、実際それにそって行動すること。

 

知識を得ても、自分であまり考えなくてもできる業務ばかりしていたから、わたしは人の言葉(ニュースとか)に踊らされてしまったのかもしれません。

 

次の「チャンス」をものにするためには。

わたし、次の「チャンス」はモノにしたいです。

「歴史に学ぶ」なら、長くても数年すればまた景気が循環することになります。

 

リーマン・ショックで「下げ」も経験しました。

アベノミクスで「上げ」も経験しました。

わたしは、景気は上げ下げするものだとやっと実感しました。

 

次の10年後の「景気拡大期」というお金持ちになる最大のチャンスに乗っかることができれば、早期リタイアできる可能性は高まります。

とはいえ、他の何倍も投資に時間と労力を費やしている人たちより、私が知識を得るために掛けられる時間が少ないことは明白です。

じゃあどうするか?というと、サラリーからの貯金から、投資へ振り向けられるお金をこうしていきます。

 

「貯金:積み立て投資=50:50」

 

「貯金」は、景気後退期にちょっとずつ欲しい株式を買っていく用の資金。

「積み立て投資」は今でも積み立てているセゾン投信や、SBI証券での積み立て投信用です。

 

積み立て投資は「インデックス長期投資」といいます。

長期で少しずつ積み立てをしておいて、景気の上げ下げを気にせず、むしろ味方につけて自分の老後に繋げていきましょう。

積み立てしているセゾン投信さんはそんなスタイルで、ゆっくり資産形成する投資です。

 

わたしはこれをとっても気に入っていて、投資が怖いとおもうなら勿論これ一本でも良いと思います。

だけど「ゆっくり」増やしていくものなので、早期リタイアには向いていません

あわせて読みたい
インデックス長期投資は早期リタイアには不向き。こんにちは、いよかんです。 最近いろんなことがあって、早くリタイアしたいなあ~~なんて現実逃避したりしていました。 ...

資産を増やすにはとっても有効だけど、20年、30年掛けて増やしていくものです。

早期リタイアするには、ちょっと時間が長過ぎます。

 

だからこそ、「貯金」もしておきます。

景気後退した時に、自分でその時欲しい株式を購入して、景気拡大期まで持っておくのです。

こっちは難易度が高いですね。

その時のために欲しい株式を決めておかなければいけませんし、今よりもっと株の知識も身につけなければいけない。

実際景気後退期に持ち続けられるメンタルも必要です。

そして何より、景気後退期だと気付けないといけませんね^^;

 

私みたいな変な人以外…資産を増やすならゆっくりでも良いと言う人には「セゾン投信」さん一本が良いと思いますけどね。

 

ちなみに今、

「積み立て投資」に月6万円積み立てしています。(セゾン含)

「貯金」は、金額的には月7万程度。

こちらは短期の定期預金にしたり、国債にしたりしています。どこかに投資用と決めて、置いていたりはしません。すぐ何かに使ってしまわないように、まとめて定期預金にしているのが1番気が楽です(笑)

 

 

早期リタイアを目指して、出てくる結果を楽しみたい。

「早期リタイア」したら、したいことをもっともっとできるぞ!なんてときめいてしまうんです。

世の中、良いことばっかりじゃないです。

だから、できればお金のことくらい気が楽になりたいのです。

 

 

我が家、全員体が弱いんですよ。

昨日も3人共、風邪で熱を出してぶっ倒れてました。

今日はなんとかなりそうなので、3人共通常業務に戻るつもりですが…

こういうとき、もっと夫を休ませてあげたいし、私も休みたい。

「早期リタイア」したら、したいことをもっともっとできるぞ!

だけじゃなくて、体を大事にした生活、したいなって思うんですよね。

体が弱っているから気も弱っているのかもしれませんが…。

 

早期リタイアが、そんな簡単になれないのは分かっているんですよこれでも(苦笑)

でも、考えずにいるよりは、考えてちょっとずつその通りにしていってみるのも悪く無いとおもうんです。

きっと、何かしら答えはでます。

結果を楽しもう。

そのために、早期リタイアしたいんだから、まず、自分が頑張ろう!

そう、私は思っています。