家族で幸せをふやす暮らし
配当金投資・節約で老後に備えている共働き家族のブログ
日本株

投資は若いうちからとはいうものの、こんな相場で無理にしなくてもいいと思うこと。

日銀がマイナス金利を導入して

ここ連日、円高&株安が続いています。

大きな壁といわれていた日経平均16,000円を割っちゃいました。

20160211

日経平均の1年チャートを見ると、8月から不安定なようです。

私が以前購入した株式も、既に含み損になっています。

今年は株式投資を様子見としていたので、買ったそばから下がるというのは今のところないのですが、それでもやっぱり含み損の額が増えるのはしょんぼりします。

ましてここ1年くらいから投資を始めた人には、とっても不安な状態なんじゃないでしょうか。

 

金利がマイナスになるってことで、これからどんなことが起きるんだろう?

a0002_011580
  • 銀行の入出金手数料が増えるかも。
  • 住宅ローン金利が下がるかも。
  • 良い保険がなくなっていくかも。

これはわたしの予想なので、実際ほんとに起きるかどうかは分かりません。

ただ、マイナス金利の影響を受けそうで、わたしたちに1番身近なのはきっと「銀行」さん。

日銀へ預けているお金からの利息が、銀行の大きな収益になっていたこと。

それが無くなってしまうということは、銀行が稼ぎ方を変えないといけないということ。

今はまだだけど、身近な影響がきっとありそうです。

 

そして、私たちが銀行へお金を預けることで得ていた利息も…

もともとほんの雀の涙でしたが、利息がゼロになることも現実としてありえるんじゃないかって思います。

 

そうすると、多分あるだろうな~と思うのが

「持っているだけよりも投資へ」といわれること。

 

NISAが導入されたとき、アベノミクスの時に、

色んな投資会社がCMで謳っていましたね。

 

私自身、投資をしています。

それはこれからの日本を考えると、国に頼らず、自分でなんとかするということが必要だと感じているから

特に年金については、わたしは世間で言われているよりも少し多めに用意しておきたいとおもっています。

だけど、今のような相場では手をだそうと思いません。

老後の前に心が持ちません(苦笑)

基本はコツコツの積み立て投資だけでOKだと思うんです。

積み立て投資なら、こんなに下がった時も勝手に買い進めてくれて、今度上げ相場にはそのおかげで資産が増えていきます。

 

こんな相場で、皆が下がるかもって言われている中で、

前より割安だからと買い進めるのは、オススメしません。

だってもっと下がったら、もっと割安になるんですから。

 

どうしてこんなことを株をしている私が言うかといえば、

わたし自身がリーマン・ショックでやらかしたからです^^;

割安だから買う→もっと下がる→損切りする→もっと割安だと思って買う→もっと下がる…

散々でした。40~60万円くらいは損しました。

今もあの時の南アフリカランドを持っていて、自分をセーブするお守りにしています。

 

リーマン・ショックのあと、アベノミクスの上げ相場になって分かったこと。

それは相場って、落ちきったら少し落ち着くこと。

その時に買えば良いんだってことでした。

「落ちるナイフに手をだすな」って投資の格言があります。

まさに今みたいな、落ち着きどころが分からず下がり続けている状態で、手をだしてはいけないということなんですね。

一度実際にやっちゃった私も、ああそうだなって思います。

ナイフが地面に落ちてから拾えばいいんだ、って。

そしてそれが分かるのは、多分、つかず離れず相場を見ていてこそなのだと思います。

 

投資はした方が良いと、私は思っています。

でも無理してするものではないです。

特に今の下がりっぷりは怖いし、かといってマイナス金利でどうなるかわからない。

タンス預金でも良いかもって思っています。

 

私もとりあえず今年は、落ちきって落ち着くまでは、

月2万円はセゾン投信

月3万円の先進国株式の投資信託。

それから、FXで積み立てている豪ドル

この3つをたんたんと積み立てていこうと思います。

お金だけ入金して、相場は時々しか見ない!

だからこそできる、淡々と…です(笑)

 

私の投資した方が良いって説も真に受けないようにして(苦笑)、

20年後のアナタに必要だと思ったら始めたらいいんです。

そしてするなら、少しずつ買い進めていく積み立て投資から。

20年後に大きくなって帰ってきてくれる。

それぐらいの視点で始めるなら、今のような下げ相場でもきっと落ち着いて積み立てていくことができますからね。