コンセント式掃除機を持っているからこそ、サブとして、軽くて楽ちんなコードレス掃除機を使える。

先日から我が家の仲間入りした、マキタのポータブル掃除機。

型式は「 CL105DWR (10.8V赤)

image

簡単な作りですが、こんな感じでかなりしっかり立ってくれます。

スタンドを買おうか迷ったけど、今はこの状態。

いつも使う部屋の隅に、ちょこんと置いています。

我が家はもともとコンセントを挿して使う掃除機も持っていて、このコードレス掃除機はすぐに使えるサブ掃除機として買いました。

悩んで悩んで何度も試して買ったんだけど、サブとして、サッと使う用の掃除機

今は、これ大正解だったと思います^^

もしコンセント式がなくて、一台だけ使うというなら…

ダイソンのコードレス掃除機を買ったかもしれません。

吸引力がコンセント式と同じくらいですから、

ラグやカーペットの掃除も、1台あればちゃんと全部掃除ができるんです。

ただ、ダイソンは物凄く重たいんですよね。

男性が使うとか、時々使うならいいんだけど、

さっと使いたい、という時にはあの重さがネックな気がします。

私は何度かダイソンを使ったことがあるのでわかりますが、

ダイソンの掃除機って、先端がするすると動くようになっているので、一旦床に置くことができれば掃除で動かすことは苦になりません。

持ち上げて、別の場所に移動する時が、片手だとちょっとつらいんです。

両手で2.5kgを持つのは難なくもてるのですが、

片手でしばらく使うというのは、結構負担が掛かります。

女性が毎日使うには、ちょっとやる気が必要かもしれません。

わたしのように、重かったり、コンセントを挿さないといけないというのが面倒くさい!

軽いゴミだけでも良いから、毎日ちょっとずつ使いたい。

それくらいなら、少し吸引力は落ちても、軽くて安価なコードレス掃除機の方が、

毎日ちょっとずつ使うことが負担ではないかもしれません。

ちなみに、わたしがどうしてマキタのこの型式を買ったかというと、幾つかポイントがありますが、この型式は家庭の掃除機として作られた型式だということ。

一言で言えば、工具メーカーさんのマキタのコードレス掃除機の中でも、ダントツに使いやすく作られているんです。

充電がとっても楽ちん

image-9-300x287

充電ケーブルの端子をここに挿しこむだけで充電が始まります。

(黄色円の右下に赤いランプが点灯しているのが、充電中の証拠)

3時間でフル充電と書いてあるんですが、2時間もあれば充電が終わる気がします。

他の型式だと全て、工具へ充電池の使い回しができるように、

電池は毎回取り外して、充電機にセットするタイプです。

工具を使う人には有り難いと思いますが、私には不要でした(汗)

軽い。

1.0kgって、かなり楽ちんです。

夫が、10分位使うと流石にちょっと手が疲れるかな~と言っていましたが、

私もそう思います。

10分使うほうがまれなんですけどね。

パワフルモード搭載

10.8V品の掃除機なんですが、14V程度の吸引力がだせるという

「パワフルモード」が、この子にだけついています。

吸える威力が確かに少しあがります。

我が家では、静電気で毛がついちゃったラグ周りにお世話になっています。

頑張って数分間だけしか使えないんですが、ラグが掃除できる時間だけ使えればそれで十分です。フローリングなら通常の10.8Vで十分キレイになります。

(ただ、ボタンを押しっぱなしの分だけ使える機能を、ボタンを押して吸引力大・中切り替えみたいな感じだと尚良いと思う)

コスパが良かった

AMAZONでは11,000円。

楽天では10,000円~。

わたしAMAZONで買ったけど、楽天のほうが安かったですね!

これより上の電圧品(吸引力が強くなる)は、ぐんと値段が跳ね上がります。

使い勝手・値段を考えると、ものすごくコスパが良く感じたんですよね。

実際、コスパ良いと思います。

ちなみに同じ吸引力(電圧)の物だと、ツインバードさんや日立工機さんなど、

いろんな電気メーカーが出していますがどこも値段は1万円前後です。

純粋に機能で選んで買うのがいいとおもいます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

自分がしたいことを把握してから物を買う

今の電気メーカーから発売されているコードレス掃除機は、吸引力もあがり、先端ノズルもカーペットやラグでもきちんとゴミが取れるようになっています。

そう、今は家庭に元々あったコンセント式の変わりとして、

コードレス掃除機が発売されています。

能力が高くて、かっこいいデザインで…そうするとやはり値段も高くなりますが、今はとっても人気です。

私も、家庭に一台だけ、と思ってそういったものを買おうとも思いました。

だけど2台にしたのには、私なりに理由があります。

ひとつは、今の掃除機を最後まで使いたかったこと。

買って数年で捨ててしまうのが嫌で、ちゃんと壊れるまで使いたいと思っていたこと。

2つめは、掃除をこまめにする自分になりたかったこと。

そのためには、重いものではなくて軽くて気軽に使える掃除機が、私には必要でした。

わたしの場合は、コンセント式掃除機を持っているからこそ、サブとして、軽くて楽ちんなコードレス掃除機を使おうと考えました。

そして、今はそれに大満足です。

値段が高くて機能が沢山あって…

そういったものは、どんな人でも満足度が高くなるようにと作られているので、使えばそれなりに満足します。

だけど、それはどうしても全員ではないんですよね。

あれ?思ってたのと違ってなんだか不便。

こんな機能いらなかったなあ。

そんなことを思う可能性もありますよね。

実際、わたしも今まで沢山ありました(汗)

物を買う時に大事なことは、自分がどうしたいのかをまず考えること。

どんな状態になっていたいかが大事なんだと思います。

それに沿ってピッタリのものを買えば、不満が出る可能性はとても下がります。

最低限でも自分のしたいことが叶っていれば、

それだけで自分の満足度は満たされます。

けして、便利そうだからと機能がたくさんある物を買うことが良いわけではない。

今更ですが、わたしは自分の体験を通じてそう感じています。

《 更新する励みになります 》

《 更新する励みになります 》
➔ にほんブログ村 家計管理・貯蓄
《 おすすめ記事もどうぞ 》

《 おすすめ記事もどうぞ 》

  • docomoスマホを”格安SIM”で通信費大幅削減!
  • 老後が不安だからこそ”こつこつ自分年金”
  • 赤ちゃんの風邪を未然防止 ”電動鼻水吸引器”
  • 家族みんなで映画やアニメを楽しめる
  • スポンサーリンク
    レクタングル(大)広告
    レクタングル(大)広告

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です