家族で幸せをふやす暮らし
配当金投資・節約で老後に備えている共働き家族のブログ
高金利預金

これからの個人向け国債はタンス預金と同じ。

数年前に、個人向け国債(10年変動型)を300万円分購入していました。

私のメイン証券会社はSBI証券です。

50万円分購入すると1000円が貰えるキャンペーンもあり、国債もSBI証券で購入していました。

20160216_2

50万円ずつ、6回に分けて300万円分購入していました。

 

どうして分けて購入したかというと、国債って年2回利子が貰えるんです。

半年に分けて買う→利子が一年中毎月貰える、というわけ。

そして利率も中々良かったんです。

私が初めて買った第51回国債の履歴でも分かりますが、ネットバンクなみの金利でした

0.40%とか中々ないです。

20160216_3

50万円分なので、700円くらいですけどね。

毎月700円って、毎月の家計と比べるとほんのちょっぴりです。

でも、毎月もらえる収入って中々ないじゃないですか。

リスクを掛ければ毎月分配型投信とか。投資すればありますが、昔それでものすごーく損失をだしたことがあります。

だけど国債は殆どリスクがない(最初の1年目に解約すると手数料でマイナスになるだけ)。

そんな訳で、毎月もらえることが素直に嬉しかったんです。

 

 

ただ、これからは国債を買うことはなくなるかも…しれません。

日銀が導入したマイナス金利の影響で、これから発行される個人向け国債の金利も酷いことになっています。

20160216

年利率0.05%って!

50万円分買っても、一回の利子で得られるのは100円程度になってしまいました。

そしてこの利率は、日銀のマイナス金利がなくならない限り変わらないでしょう。

 

個人的な話ですが、今年は株式・為替は落ち着かない限り買わないつもり。

なので、その分貯まるお金で国債を少し買おうと思っていたんですよ。

それが、これって…(汗)

 

タイトルでタンス預金って書いたけど、

正直、タンス預金の方が良いかもしれないです。

だって、解約する手間もなく、手数料も掛かりません。

 

ただ、タンス預金は使いやすすぎるので、

自分で気がついたら使っちゃうかもって人は向いていないです。

 

私もそうです(笑)

だから、実際はタンス預金は殆どしないと思います。

 

残念ながら、その他銀行の定期預金もこんな感じになるんでしょう。

(実際既にそうなっているところも幾つか知っています)

でも、私はこれからも定期預金を使っていくと思います。

まとまった金額を、数年預けて使えないようにすることができる。

 

お金を貯める時って、使うものがなければ、使わないようにすることも大事。

その方法の1つとして個人向け国債を使用していましたが、

これからしばらくはタンス預金or定期預金の2つを主に使っていくことになりそうです。