家族で幸せをふやす暮らし
配当金投資・節約で老後に備えている共働き家族のブログ
家族の健康

歯医者に行きたい!でも子どもが小さくて行きにくい。そんな時は小児歯科専門医の歯医者さんが良い

我が家は、子どもが1年前から歯医者さんに通っています

虫歯があるからです。

1歳7ヶ月の時に、前歯に白い筋を発見してからもう1年になりますが、毎月通っています。

処置の内容は1年前から変わらず、

進行確認と、フッ素塗布のための歯磨き

奥歯が生えてきたので、その溝の虫歯予防処置

30分もあれば終わります。

このおかげで、子どもの虫歯は1年前からまったく進行が進んでいません。

本当に、先生にはいつも感謝です。

 

さて、今月から、母親である私もお世話になることにしました。

 

実は虫歯があります。出産後にいつも通っていた歯医者に歯石をとってもらいに行った時に、既に発見していました。

でも、共働きで平日は仕事。

土曜日の朝は、子どものリトミックがあったり、何かと用事が入ります。

お医者さんのために休みをとるには、子どもの体調不良で気軽に休めない状態。

最初は行こうと思って予約もしていたものの、子どもの体調不良でキャンセルが続き…

そのままずるずると処置をしないまま、2年ほどが経っていました。

 

でもそろそろ処置をした方が良いなあと思って、

今月の子どもの歯医者通いをしている時に、乳児歯科の先生に、思い切って相談してみたんです。

乳児歯科医の方でも、もちろん大人の歯も治療してくれるんだそうです。

現に、3割くらいは近所の大人の方がきていますよーとの事。

 

治療はもちろん、普通の歯医者さんと同じ流れ。

レントゲンで虫歯の様子を確認し、虫歯部分を除いて、埋める。

私は今週、虫歯を取り除いて、歯の型をとってもらったところです。

来週、銀歯ですがかぶせて終わりの予定。

普通の歯医者さんの流れでした。

 

1番助かっているのが、子どもがいても大丈夫なところ。

遊び場で最初は遊んでいても、気がついたら私の周りにきてウロウロしたりとじっとしていないんですが、先生も歯科助手さんも手慣れたもので、優しく相手をしてくれます。

これが本当に助かります。

お陰で、保育園帰りの平日に通うことができています。

 

歯は自然には治らない部分。

自分でも糸ようじやフロスを使いながら、できるだけ虫歯にならないようにこれからも気をつけていきたいと思います。