高学歴の人とそうでない人。私から見た1番の違いは◯◯◯に一生懸命なこと。

私は一度転職をしています。

現在の職場と、前職は扱っている商品が違う全く違う業種。

わたし自身は事務職なんで、あんまり仕事内容って変わらないんですけどね。

なんか、なんでもやる雑用係みたいな感じです。

ところで今の会社も前の会社でも、

総合職の人はやはり高学歴の人が多いです。

例えば東大・京大・早稲田なんて、田舎の私でも知っている名前の大学の人も沢山います。

そして、地元の国公立出身者の方も多いです。

こっちのが多いかな。

わたし自身は田舎の短大だったので、有名大学名を聞いても実はよく分かっていません(汗)

凄く入るのが難しいとこだよね?なんてくらい。

聞いたことあるから凄いのはわかるけど、どこがどれくらい良いのか?とか、その違いは分からないです。

でもどなたも私より、ずっとずっと頭が良いです。

記憶力よりも、頭の周りの良さが良い人が多いと思います。

a1180_013915

高学歴とそうでない人の違い。

見ていて、なんとなくだけど違いがあります。

まず言っておくと、性格の良し悪しは、人それぞれです。

まったく、学歴で変わるものではありません。

高学歴を傘に、そんなこともわからないの?なんて雰囲気の人もいますよ。

すっごい嫌われてる人もいます(汗)

反対に、物凄く丁寧で気を使って生きてる感があって、そんなに真面目に対応しなくてもいいのに…って人もいます。

でもそんな人たちは、高学歴じゃなくてもいますよね。

総合的に高学歴になればなるほどキャラが濃くなりますね。

自信があるからなのかな?自分の意見をハッキリ言うんですよね。

面白いと思うのか、めんどくさいと思うのかは人によるところでしょう。

で、15年仕事をしてきた私からみて、高学歴の人に多い特徴があります。

東大、京大、早稲田、旧帝大とか…?

私でも分かる、物凄く頭が良くないと入れない大学出の方は、

自分の好きなことに一生懸命な人が多い。

仕事のできる人が多いのは勿論なんですが、それ以外の部分。

物凄く好きな趣味、時間もパワーも使っている趣味を持っている人が、

高学歴の人は、相対的に多いです。

家に帰ったら自分の趣味に没頭したい。

家庭があっても、自分の趣味で行きたい場所に家族旅行したり、家族でライブに行ったり、はたまた1人でバイクレースにでたりと、ほんとうに嬉しそうに語ってくれます。

趣味自体が多い人、少なくて深く掘り下げている人色々いますが、

基本的にやってみたいと思ったら、必要な道具一式集めてすぐに実行しちゃうんです。

やってみたいけど、うーんと悩んでいる止まっているより、

やってから、イマイチだったーとやめるほうが多いんです。

やってみたい!と思ってから、実行までの判断が物凄く早いんです。

家族がいるから、時間がないから、なんて言い訳の発言が少ないんですよ。

やってみたいと思ったら、どうやったら出来るかばっかり考えてる(笑)

勿論、仕事は皆さんできますよ。

ただ、仕事とプライベートの時間がはっきり分かれています。

仕事の進行によっては残業もします。

でも、仕事が終わってまで仕事の話をしないんですね。

付き合いの飲み会が嫌、とは言いません。

行きたければいく、行きたくなければいかない、とハッキリしているだけ。

飲み会でも、殆ど仕事の話はしなくって、それより圧倒的にプライベートの話が多いです。

ただ、わたしに知識が無いことも沢山言われるので、単語とか分からないことも多々あるんですけどね(笑)

じゃあ他の人…私みたいな人が趣味が無いというわけではないです。

でも、比較すると、物凄く仲良くなれば話してくれるけど、最初からコレが好き、と胸を張っていうひとは少ない気がします。

話しかければ一応返ってきますが、個人の事は話す事じゃないって雰囲気だったり、

家族がどうだったとか、子どもの話が増えるなーと思います。

これはたった2社ですが、前職からずっと、転職してからも感じている印象です。

好きな事に一生懸命なこと。

それが高学歴とどう繋がるのか…?

知っていますか?

何かを勉強したい、伸ばしたい、能力をつけたいと思った時、

それそのものを好きになることが、1番の近道なんですよ。

好きなことは、もっと知識を得たくなるし、

好きなことがもっと上手くなるために努力していても、

努力している!という感覚も薄いんです。

好きなことって、覚えやすいし忘れにくい…

そんな覚えがあなたにもありますよね?

わたしもそう。

苦手だった英語の単語は全く覚えが悪いし、もう殆ど覚えてなくて恥ずかしいくらい。

でも好きだった世界史はみょーに細かいところも覚えていますよ。

子どもの時に読んだ、好きだった絵本の内容なんていつまでたっても覚えています(笑)

スマートフォンなんか良い例ですよね。

最初は難しそうって思っていたけど、使い始めてみて便利だってわかると、新しいアプリや使い方もどんどん使えるようになりませんでした?

でも、私の母は電気製品一般が苦手で、スマホも興味がありそうなので貸してみるけど全く使えないって、何度試してもちょこっと触っただけで返してきます。

難しい、分からないって思っていると本当に分からないまま。

好きなことなら、勝手にできるようになって、得意なことになる。

これは私の勝手な想像だけど、

趣味が有る人・好きな事に一生懸命だということは、自然と頑張る力が身についているのかな、なんて思うのです。

好きな事が多いひとほど、頑張る機会が多くなります。

何かを身に着けたいと思えば、例えどんなに無意識でも努力しないといけないし、勉強し、壁にぶつかって難しいと思う…それを乗り越えるために頑張る機会があるはずです。

好きな事が多い人…好きな事を身につけたい、もっと上手くなりたい!と思う人ほど、

努力する機会は増えるし、

知識を勉強する機会も増え、

難しい問題にも沢山直面する機会が多くなります。

好きなことが沢山ある人は、”頑張る機会”が人よりも多くなるんです。

そして、頑張る機会が多いということは、

壁を乗り越える経験…達成感もたくさん得ているということ。

頑張って、出来た時の嬉しさを人一倍知っているんです。

高学歴といわれる大学は、人より頑張って勉強しないと絶対に入れません。

人一倍勉強してきた人たちに好きなことが沢山ある人が多いのは、

好きなことで頑張る機会が多くなって、頑張る事に対するハードルが低いんじゃないかな。

そして、頑張った後達成すれば嬉しいということが人一倍分かってる。

だから、勉強も自然と、同じように頑張れるのかな。

なんて、なんとなく思います。

わたしはね、恥ずかしながら学生の頃、勉強なんてできなくても良いじゃないって思ってました。

お金を稼いで生きていければいいんだから、勉強って必要ないじゃない?

勉強が出来なくてもいいじゃないって思ってたんです。

勉強が苦手だったから。

大真面目にそう考えてたんだけど、今思えばただの言い訳だったんですよね。

勉強を好きだったら、きっと違ってましたよね。

知識を得られることで、自分の出来ることが増えること、

出来ることが増えることで、もっと色んな考えがあることが分かってただろうな。

だけど勉強だけしてても、きっといつか何処かで壁にぶち当たって、負けちゃってただろうなーとも思うんです。(そして今の私とかわらなくなるのね…)

やっぱり、好きなことは1つじゃなくて、沢山あるのが良い気がします。

子どもに、絶対高学歴になってほしい!とまでは思っていなかったけど、

好きな事が高じてそうなってくれるのなら嬉しいなと思います。

高学歴だからっていうわけじゃないけど、

わたしが一緒に仕事をしている中で、好きな事が沢山ある人は、とっても笑顔が素敵な人が多いからです。

好きなことを喋っている人の顔は、とっても素敵な顔だと私は思うんです。

《 更新する励みになります 》

《 更新する励みになります 》
➔ にほんブログ村 家計管理・貯蓄
《 おすすめ記事もどうぞ 》

《 おすすめ記事もどうぞ 》

  • docomoスマホを”格安SIM”で通信費大幅削減!
  • 老後が不安だからこそ”こつこつ自分年金”
  • 赤ちゃんの風邪を未然防止 ”電動鼻水吸引器”
  • 家族みんなで映画やアニメを楽しめる
  • スポンサーリンク
    レクタングル(大)広告
    レクタングル(大)広告
    スポンサーリンク
    レクタングル(大)広告

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です