貯金をつかいたくない病の正体。

a0002_011580

貯金が貯まってくると、使うことが惜しくなる時期がきます。

貯める事にやっと自信がついてきた時、

お金を持っていないところから頑張った人ほど、

この病気に掛かりやすい気がします。

お金は、使うためにあるものです。

自分が頑張った対価であり、それは自分を幸せにするためものですから、

お金は使ってこそ価値があります。

お金が増えるだけでは、幸せにはなれません。

そう、分かっているんですけどね、

今のところ、私はこの正体をこう考えています。

「自分の自信が減ってしまう気がする」

不思議ですね。元々、貯金を始めてから、

「お金≒時間≒自信」

こんな方程式が成り立つと感じていましたが、かといって完全なイコールではないと思っていました。

お金は、自分を幸せにする時のとっても心強い味方。

何かをしたい、そう思った時にツールとして、お金は≒の役割を果たしてくれる。

それ以上でもそれ以下でもないと、思っていました。

ところが、ちょっとずつ増えてきてしばらく経ったある時、

気がついたら私の中で完全に「お金=自信」となっていたんです。

あの時は、お金を使うと、自分の中から何かが減ってしまった感覚になってしまいました。

あーまた大したもの買ってないのに3,000円も減っちゃった。

体の関節痛が酷いから、実費でマッサージ…勿体ないなあ。

凄く惜しい。勿体ない。なんだか不安。

お金を支払って手に入れたものなのに、

嬉しさよりも、支払ったお金の方が惜しかった気になってしまうんです。

お金を使って幸せを手に入れるものなのに、

ちっとも喜んでいない。

お金の価値がない状態ですよね。

勿体ないなあって振り返って思います。

これは、私ができること=貯金を頑張る力になってしまっていたからです。

はっきり言えばこれしか自信が無い状態だったからなんです。

物凄く貯金を頑張った事で、「貯金する力」は身につきました。

わたしは貯金ができる。

だけど、物凄く頑張ったのはこの「貯金」だけで、他のことはからっきしでした。

貯金ばかりに興味があって、他にしたいことがなかった。

自分にできることが他に無かったんです。

頑張って貯めた貯金が減ってしまうと、悲しくなりました。

このお金が無くなると、老後は辛いかもしれない。

せっかく貯めたお金が無くなると、子どもや自分たちの生活がしんどいかもしれない。

いつの間にか、貯金は無いといけないと思い込んでいませんか?

◯◯しないといけないという状態は、実は自分に対して脅迫しているようなもの。

自分を幸せにするどころか、しんどくするだけなんです。

これって何かに似ているなあと思ったら、

この職業になることが夢だったけど、いざなってみたら、なんだか違った。

良い大学に受かることが目標だった、頑張ったけどダメだった。

退職して、時間だけは沢山増えたけど、仕事以外にすることがない。

他に何も残っていなかったと途方にくれる…

無意識に、目に見える・分かる物に依存しやすいのかもしれませんね。

ここから脱出するのは簡単です。

1つは、自信は自分の中にあると、ちゃんと自覚すること。

お金が減ったって、お金を大事にしてきた自分は変わりません。

自分の力は目に見える物では無いけれど、ちゃんとココにあると、意識すること。

1つは、他に夢中になれること、できることを増やすこと。

そうしたらまた別の価値観ができて、お金を貯める事しかできない自分ではなくなります。

今年、確定申告を初めてやってみました。

新しいことで、とっても面倒くさくって、逃げていました(汗)

でももう申告時期も終わる…ということで観念して、ネットで書類を作り、プリントアウトして持って行くと、さっと目を通しただけで受け取っていただけました。

実際やってみて終わると、次も頑張れる気がします。

用意した書類も、ちゃんと合っていました。

自分で考えて準備したもので上手く行く。

そうすると単純なもので、出来た!やってみてよかった!なんて思ったりします。

こうやって、こうやって貯金以外にも、できることを沢山増やしていきたいな。

出来ないこと・既にできることだけでなく、これから新しく知ること・できるようになることに目を向けてワクワクすることが、貯金をつかいたくない病のお薬だと私は感じています。

《 更新する励みになります 》

《 更新する励みになります 》
➔ にほんブログ村 家計管理・貯蓄
《 おすすめ記事もどうぞ 》

《 おすすめ記事もどうぞ 》

  • docomoスマホを”格安SIM”で通信費大幅削減!
  • 老後が不安だからこそ”こつこつ自分年金”
  • 赤ちゃんの風邪を未然防止 ”電動鼻水吸引器”
  • 家族みんなで映画やアニメを楽しめる
  • スポンサーリンク
    レクタングル(大)広告
    レクタングル(大)広告
    スポンサーリンク
    レクタングル(大)広告

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です