独身・結婚・出産。ライフステージごとに、わたしの貯蓄額はどう変わってきたのか?

0561538baf126b1b9c376c72e2c4e692_s

2015年末で1,700万円まで貯金が貯まった私たち家族。

もちろん、貯金しようと思ってからすぐに貯まってきた訳ではなく、

ゆっくりゆっくり、ちょっとずつ貯めてきました。

今日は、ちょっとだけその振り返りをしてみようと思います。

平均でない…個人の生データって中々みれないので、

貯金をしてみたい!と思っている人の参考になったら嬉しいです^^

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

わたし(家族)の9年間の貯金額推移

わたしが独身時代の2006年中盤から貯めはじめ…気がついたら2015年で9年です。

10年も経ってないのか…と思ったり、もう9年かぁなんて思ったり。

家計簿をずっとエクセルでつけてきたので、表にしてみました。

160316_1

2007年4月~2015年12月までの貯金額の推移です。

2006年中盤から貯金に目覚めたけど、家計簿をつけはじめたのは2007年。

てことで、2007年までの半年分が掛けています。

家計簿をつけ始めるまでのたった半年で、すでに100万円貯めていました。

それまでまったく貯金をしていなかったけど、やろうって決めたら、

生きる事以外に必要のない部分はばっさりカットしたからです。

飲み会も、それまで好きだったマンガも旅行も、服を買うことも全部やめました。

そうしたら、あっという間に貯まりました。

今までお金無いって言ってたのは、お金についてサボってただけだったんです。

貯金の方が優先順位が高くなると、不思議なもので「何も買えなくて辛い」とも思いませんでした。

頑張ったらちゃんと成果がでる。それが嬉しかったです。

頑張ろうって思った時にボーナスがあったのも幸いしたと思います。

ただ、すんなり沢山貯まったわけではありません。

見てもらえばわかりますが、本当にちょっとずつ、コツコツの貯金です。

一か所だけ急に増えたとこがあります。

グラフの真ん中へんの2011年。

そこが丁度結婚した時でした。

両実家より少し援助いただいたのを貯金に計上しています。

結婚を境目に、それまでゆったり上がり下がりも無くなだらかだった線が、

結婚後から少し角度がきつくなります。

そして波もできています。

我家の場合、結婚後は収入も増えましたが、イベント等で支出が多い月も増えました。

こちらは9年間の月々の貯蓄額をグラフにしてみたもの。

1番激しく上下した部分が結婚した時期。

160316_2

援助を受けたけど、その分はほぼ式代と引越代で使いきっています(汗)

貯金額の推移と一緒で、結婚前後で少しグラフの様子が違いますよね。

独身時代は自分でなんでも決めれるので、貯金が減ることが少なかったです。

結婚してからは家族がいる分、収入が増えましたが、支出も増えました。

ライフステージの変化と、毎月の貯金額の変化

そんな感じで、ひとくくりに9年と言っても色んな暮らし方でした。

ずーっと同じ収入、支出だった訳ではないんですよね。

振り返ってみれば、9年で5つのライフステージを進んでいます。

  • 独身(実家ぐらし)
  • 独身(一人ぐらし)
  • 結婚(二人ぐらし+共働き)
  • 出産(3人ぐらし+片働き)
  • 復職後(3人ぐらし+共働き)

全部、収入と支出が少しずつ違います。

せっかくなので、そのライフステージごとの貯金額なんかも振り返ってみます。

独身(実家ぐらし)

  • 平均月手取り:15万円
  • 貯金した年数:4.5年
  • 月々貯金額の平均:10.6万円

手取り15万円で約11万円貯金!?

とビックリされるかもしれませんが、ボーナス分で底上げされているのが実態です。

実際は月8万円くらい。

内訳としては、財形貯金3万円。自分で月5万円。

ついでに前半期間は、車ローンの返済を月2万円。奨学金月1万円がありました。

残り4万円で暮らしていました。

父のリストラされるかもって時にやっと貯金しようと思い立って4.5年間。

特に最初の2年位は、ただひたすら貯金してました。

(車ローンの返済が終わるまで)

今思えばやりすぎだったなーと思う点もありますが、後悔はしてないです。

実家ぐらしは貯金的にはコスパ最強だと思います。

ただ、私は実家は精神的にしんどかったので、貯金の目的も一人暮らし(家)のためでした。

独身(一人ぐらし)

  • 平均月手取り:17万円
  • 貯金した年数:1年
  • 月々貯金額の平均:4.2万円

実家ぐらしでお金を貯めて、家を出た時期です。

月々の貯蓄額が、実家ぐらしの8万円から4.2万円と半分まで下がりました。

こちらは殆どボーナスです。

思ったよりも一人暮らしはお金が掛かると感じました。

良く、家計簿の教科書には「一人暮らしなら手取り1割を貯金」と書かれていますが、

元々の手取りが低ければ貯金は中々厳しいです。

私も、月々ちゃんとできた貯金は1万円程度だったと思います。

それでも、期間は短かったけれど、一人暮らしは本当に楽しかったです。

自分で自分の事を決めれるということは、本当に大事な事だと感じました。

結婚(二人ぐらし+共働き)

  • 平均月手取り:43万円(2人で)
  • 貯金した年数:1年
  • 月々貯金額の平均:26.5万円

結婚→子どもが生まれるまでの時期です。

俗に言われるDINKSという、この子なし共働き二人の期間は本当に貯金の黄金期でした。

毎月の生活費は25万円程度。

特に節約ということは考えなくても生活できる時期でしたが、

基本的に旅行も殆どせず、出かけても遊んでも近場でした。

妊娠が早かった事が大きいですね。

残ったものは全て貯金していました。

今思えば、もっとこの期間があればなあ~と惜しくなっちゃう時期です(笑)

出産(3人ぐらし+片働き)

  • 平均月手取り:30万円
  • 貯金した年数:1年
  • 月々貯金額の平均:16万円

出産→復職までの時期。

貯まらない時期…と思いきや、意外と貯まる時期です。

1人家族が増えたので、何かとちまちまとした出費はあるんですが、

遠出をすること・お金を掛けるところがないため、大きな支出がないんです。

そして共働きであれば、妻の方が育児休業給付金を貰えることもあります。

今は月給の2/3が1年間貰えるこの制度。

私の時は月給の1/2でしたが、それを使う機会がないので丸々貯金になりました。

思ったよりは貯金できる時期。

ただ、わたし個人としてはお金が貯まることよりも、育児を助けてくれる人がいてくれるほうがよっぽど嬉しかった時期でした。

イライラと疲労が溜まりすぎて、どうにかなりそうな時期でした。

夫なりに手伝ってくれていたけれど足りないと感じてしまうし、今思えば恥ずかしいけど、八つ当たりもしました。

お金を払って少しでも楽になるなら、使っても良い時期なんじゃないかと思います。

復職後(3人ぐらし+共働き)

  • 平均月手取り:42万円
  • 貯金した年数:1.5年+これから
  • 月々貯金額の平均:24万円

復職後は時短も使い、残業も無くなったため、DINKSよりも収入が減りました。

ただ、なんだかんだと使いすぎなければ貯金は出来ています。

子どもが小さいうちは保育園代は掛かりますし、時間の制限もある時期です。

DINKSと同じ生活は出来ないです。

だから、同じようにやってしんどいと思ったら、少しお金に助けてもらってもいいと思います。私の場合はドラム式洗濯機・コードレス掃除機でした。

家族にしんどい!!と泣いてしまうより、家族と楽しく暮らすため。

そんな風に試行錯誤した1.5年間でした。

今どうか?と言われれば…

わたしは家族が大好きで、一緒にいて楽しいと胸を張って言えます(照)

これから。

これからは、3人家族でも2世帯になります。

実は、夫と家計の話はできずじまい…(汗)

来月からの家計簿予算はまだ出来ていません。あらら。

この1ヶ月、夫は引き継ぎに引っ越しにと、今までにないストレスを抱えていました。

軽く家計の話をしたいと言いましたが、今は考えたくないと言われたんです。

独身時代→結婚したてのわたしだったら、怒っていたかも。

貯金が1番大事!でしたから、拒絶されたと思っていたかも(苦笑)。

だけど、ストレスでしんどい時に、相手の言い分で避難されてしまうことはかなり辛いこと。

それに比べたら数ヶ月家計がわからないくらい、良いか。

なんて最近の私は思えるようになってきました。

少し落ち着いてから考えても良いかって。

そんなの甘い。ちゃんとしなきゃ貯金できないよ。と思われる人もいるかもしれませんが、

ストレスが貯まっている夫を、大事にできる他人は私しかいません。

自分の我を通すより、相手のことをちょっとだけ優先できるようになる。

結婚してから数年して、ようやっとそれが出来るようになりました。

今月・来月は酷い赤字です(笑)

でも今回振り返ってみれば、ちゃんと貯金できてきましたから…

また、ちゃんと出来る時がきます。

貯金は、また頑張ります。それまでちょっとだけお休みです。

《 更新する励みになります 》

《 更新する励みになります 》
➔ にほんブログ村 家計管理・貯蓄
《 おすすめ記事もどうぞ 》

《 おすすめ記事もどうぞ 》

  • docomoスマホを”格安SIM”で通信費大幅削減!
  • 老後が不安だからこそ”こつこつ自分年金”
  • 赤ちゃんの風邪を未然防止 ”電動鼻水吸引器”
  • 家族みんなで映画やアニメを楽しめる
  • スポンサーリンク
    レクタングル(大)広告
    レクタングル(大)広告

    コメント

    1. kanae より:

      年末にコメントしたkanaeです。毎日更新おつかれさまです。
      今回の記事もとても参考になりました。それにいよかんさんの言葉にはいつも愛情が感じられて、読んでいて心が和みます。家族への愛情と自分自身への愛情。貯金することそれ自体が目的ではなくて、家族とよりよい人生を歩むための貯金、ということが伝わってきて、私も見習わないと、と気が引き締まります。
      環境が大きく変わっている最中で心身ともにお疲れかと思いますが、無理せず、それこそお金や身内の力に頼ってご自愛ください。明けない夜は無い、そして闇が深いのは夜明け前です。応援しています。

      • いよかん より:

        kanaeさん、コメントありがとうございます。
        読んでいただけると、頑張って書いたかいがあるなあ~ととっても嬉しくなります^^

        結婚前後は、貯金の仕方って随分変わる…と同時に自分以外の人の考えに触れる機会なんだなと感じるようになりました。
        んもーーー!って時もあります(笑)
        だけど、今離れて住んでまだ1週間ですが、本当に頼っていた部分もあったんだなあと再確認中です。
        そうですよね。よりよい人生を歩めるように。これからもゆっくりやっていきたいと思います。
        慣れるまでにはまだもう少し掛かりそうですが、頑張ります^^

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です