家族で幸せをふやす暮らし
配当金投資・節約で老後に備えている共働き家族のブログ
習慣を変えて人生も変える

貯金を使いたくない病の治療法。

6750410044b803d38e91cc6b037dd1f0_s

お金って結局、いくら貯めても安心できないんだなと最近感じています。

おい!家計管理ブログ!と突っ込まれそうですが(汗)

 

ただ最近感じるのは、

以前にも書きましたが、お金を使わないように使わないようにとばかり頑張る…

貯めるばかりでいると、いつのまにか貯金を使いたくない病に掛かってしまいます。

 

人との付き合いにお金を使うなんて勿体ない。

家だって食べることだって、お金を掛ける価値なんてない。

何かと交換するためのお金に自分自身が乗り移って、

それ以外の何もかも興味がなくなっていってしまう病気。

貯金を使いたくない病の正体は、自分の自信が貯金することしかないから減らしたくないんだと私は考えています。

 

そうです、本当に欲しいのは自分自身への自信なんだなって、最近思います。

その自信もお金のように自分で貯めていくしかないんですね。

 

例えば、老後からの不安に負けない自信。

どうやったらできるかな?

健康でいること。仕事をやめてからの生活費くらいは貯めておくこと。

いっそのこと、ずっと続けて収入を得られるような仕事をしてみること。

 

そうやって自分で考えて、自分で行動してみる。

それが変化に対応するということ。

変化に対応できるという自分への自信がつくことが不安の治療薬なんだろうな。

 

昔のわたしは、貯金がこれくらいないと老後って怖い!

…だったけど、今は、これくらいあるならなんとかなる。

それなら仕事を少なくして、ゆっくりした生活をしてみたいな…なんてノーテンキになりました(笑)

 

ノーテンキになってきたのは、お金を貯める以外の事も頑張ってきたからです。

最近は、はじめは不安って思ってもなんとかなることが殆どだと分かってきました。

最初はこうやったほうが早いし、便利だったし、どうして後からしかそれが分からない自分なんだろう。どうして上手くできない自分なんだろう?

できないことばかりに目を向けていた気がします。

でもそうすると、自分への自信が生まれにくいんですよね。

人が言う、こうしたら早い。こうするのが良いというアドバイスをしなければいけないと思っていたから。

できない自分は駄目な自分だとばかり思っていました。

 

でも、アドバイスを聞かなくて失敗しちゃっても、最終的になんとかなれば良いんです。

うちは夫がきめ細かくて、私がのろまなので、どうしてこうしたほうが早いのにしなかったの?なんて良く言われるんです。

でも最近は心の中でスルー(爆)

やるのは私ですから、私のペースで良いやですよ。

 

自分がこうしたいと思うこと。

自分のしたい、に沿って動いてみること。

 

他人やメディアの言う「良い」に惑わされず、自分のしたいことをすること。

自分への自信はそうやってつきます。

そうすると、なんでも自分でできるようになるから、貯金が少なくてもなんとかなる!って思うようになる。買わなくても、良いんですから。

単純かもしれません(笑)

だけど、試してみることは例え間違ったとしても遠回りでは無いと思うんです。

これが今の、わたしのお金への素直な気持ち。

 

わたしと娘は今、単身赴任の夫と離れて2人暮らし中。

実は今、もうちょっとしたらお引越しなので、断捨離まつり中なんです。

夫がいないと駄目かも…なんて不安に思ったけど、この一週間で意外となんとかなることが分かったんです。そしたら、やる気がでてきて、子どもと遊びながら冬物をまず片付けています。

まだまだ掛かりそう。1人でやる3倍の時間は掛かりそう(笑)

でも、3倍の時間を見積もっておけば、なんとかなりそうって思います。

 

実はこの時期なので、結構な引越し代が見積もられているんですが

出来るだけ自分でできるところは、自分でやる!

掃除道具も重曹・クエン酸・ゴミ袋沢山…用意しています(笑

頑張ります^^