家族で幸せをふやす暮らし
配当金投資・節約で老後に備えている共働き家族のブログ
お金のたまる考え方

お金が貯まると、雑誌から欲しいモノがなんにもなくなる

 

image

引っ越し前に夫が買っていた雑誌…捨てる前にと読んでみたけど、残念ながら欲しい物がひとつもありませんでした。

 

独身時代のお金が無い時、もっと若かった時にはこういう本を読むと

ダイソ◯のファンヒーターとか、

触ったら柔らかい樹脂で出来た球体ライトとか、

コレもいいな! これも便利! こんな新しい機能があるのか~~~オシャレでいいなあ!

幾つかについてはすっごく買いたい!と、ウキウキして雑誌のページをめくっていたものでした。

 

お金が貯まると欲しい物が減る。

これ、ホントですね。

こんな機能が付けられるようになったのか~~~すごいねぇ。

なんて、この本をめくって思っては見たものの、欲しいモノはなくなっていました。

むしろ、欲しい物を探そう!と思っても見つからないんです。

 

最初に言っておきますが、我が家はモノが結構あります。

ミニマリストにあこがれていますが、現状は怒られるレベル(汗)です。

 

でも、

雑誌に書いてある程度の価格なら、いつでも買える。

いくらかのお金が貯まった今、大体のモノは既にそろっています。

だから今持っているもので代用できそうなものなら、必要ありません。

 

お金を貯めるコツの1つは「不要な物を買わない」だと思いますが、

お金が貯まると自然と「欲しいモノ」が減っていきます。

こんなにお店にモノが溢れているのに、ビックリするほどときめかない。

「モノ」に対する心のハードルが上がるのかもしれませんね。

 

ちなみにお金が貯まるほど、モノの代わり?に関心が高くなるものがあります。

それは時間を満足につかうこと。

 

だから、時短グッズのうち、本当に自分の代わりに手伝ってくれそうなものはちょっと気になります。

それから、部屋にあるものが最小限になること。

何がどこにあるか、自分で把握できてさっと取り出せるレベルにしたい。

そうしたら、探す時間を減らせますよね。

 

それから最後に、もし買えるなら自分がもう1人欲しい(笑)

 

お金が貯まると、すぐに手に入るものに興味がなくなって、

ちょっとずつ本当に欲しい物が見えてくるんだな。そんな風に感じます。