家族で幸せをふやす暮らし
配当金投資・節約で老後に備えている共働き家族のブログ
趣味・読書・レジャー

英語から逃げていた私が、TOEIC初体験。

73838e389518985b6dd7c9386fef0483_s

以前記事で、「20年逃げていた英語を、今年は勉強してみようと思います」なんて書きました。

英語一本に絞って猛勉強!

という訳ではなくて、仕事も家事もある訳で、正直勉強量についてはイマイチ…。

とはいえやっぱり勉強するなら、何か成果が分かるものがある方がいい。

そう思って、思い切ってTOEICを受けてきました。

 

私の中ではTOEICって英検に代わる英語能力判定というイメージです。

業務で英語が必要な職種なんかでは、○○点以上が必須とかありますよね。

英語がまったくわからないと言って過言ではない私にとって、TOEICなんてずっと縁がないものだと思っていました。

受けようと思う人は全員英語ができる人だと思っています(苦笑)

まさか自分が受けてみても良いかも、なんて思う日が来るなんて。

どんな人が受けるんだろうってドキドキしながら、試験当日、会場に向かいました。

頑張る姿はいくつになったってカッコいい。

私は田舎に住んでいますが、それでも2会場以上はあったみたい。

本当、たくさんの人が受けられてて、かなり驚きました。

学生も、私くらいの人も、もっともっと高齢の方も…たくさんいました。

 

正直緊張してテストを受けた上、勉強不足もものすごくあり、

点数はといえば300点代後半でした。

平均点より残念ながら低いし、夫から言えば「勉強してなくてもマグレで取れるかも」というレベルらしい…?

マークシート4択の試験なので、どうやっても250点前後になると思えば、確かにまぐれで取れるレベルなのかな?

 

まあ私の試験結果は残念な結果でしたが…

 

会場で試験を受けている人みんなすごいなって思いました。

若くてもやってみたいと思って受けにきている学生さんたち。

もうリタイアされてそうな方も、試験直前に真剣に対策本で復習していました。

 

学校で強制的に受けるってこともあるのかもしれませんが、

大半は自分から受けに来てる人たちなんだと思うんですよね。

だから、試験を受ける雰囲気も静かで、ピリッとしていて…

 

行ってみてよかったなって素直に感じました。

勉強している人たちは皆かっこよくて、励みになります。

元気をもらえました!(うまく言えないけど…

私が勉強した教材たち

TOEICって初めて受けたんですが、問題の情報量が物凄く多いんですね。

だから英語ペラペラな人以外は、かなり時間が足りないそう?

TOEIC対策本は必須なんだそうです。

 

ということで、私が勉強した英語教材たちをちょっとご紹介。

とはいえ、TOEIC対策本は一つだけで、他は本当に手探りで自分が良いなと思って物を買って読んで勉強しています。

たぶん、勉強法としてはかなり遠回りですが…

私自身は中学校で英語のわからないところがわからないレベルになってしまったので、興味を持てるようになるのが最優先かなと…もう、ちょっとでも興味もてたら成功レベルです(笑)

 

ちょっと表紙が見つからないのですが「1億人の英文法」と、「英文法レベル別問題集」。

どちらも東進ブックスから。

image

一億人の英文法は、なんと600P越えという分厚い本でした。

読み終わるのに2週間は掛かりました…自分を追い込みながらだったので完全に寝不足(笑

でも、すごく読みやすい!話しかけてくる口調で殆ど書いてあるのです。

固い教科書みたいな感じだと、目がすべったり内容が右から左に通りすぎる…そんな私みたいな英語アレルギー(笑)があっても読めました。

なんというか、英語初心者ほど面白いんじゃないでしょうか?

私みたいな機械的な文法を教える、学校の英語しかしてこなかった人におすすめです。

英語の「a」とか「the」にちゃんと意味や雰囲気があるなんて、学校じゃ教えてくれなかった気がします。

わたしはとっても面白かったです!

これを読んで、英語も日本語と一緒で雰囲気があるんだなーって感じました。

一回読み切っただけでは正直頭に残るもの、残らないものがあります。

ただ、入門というか英語に親しむという点で私にはとっても良かったです。

 

英文法問題集は、この本が良かったので同じ東進で、そしてさらっとこなせる量のものとして選びました。

この他には中学2・3年生の英語問題集(授業についていくようの、良く本屋さんにあるやつ)。高校入試用の問題集。TOEICの公式問題集(ただ、こちらは時間もあまり残っておらず飛ばし飛ばしで雰囲気をつかんだだけでtimeoutでしたー)。

継続は力なり。

 

 

次のTOEICをいつ受けるのかはまだ決めていません。

英語は少しずつ勉強していきます。

ちょっと面白いなって思えましたしね。

blogと違って難しいのは、成果が出るまでに時間がかかる上に分かりにくいところ。

自分の忘れっぽい脳では単語も覚えたのか覚えてないのか?自分で分かりにくいんですよね…(汗)問題集の小テストとかをこまめにするべきなのかな?

 

blogで思い知っていることだけど、「継続は力」。

習慣にするって本当に大変だけど、身になった時自分に自信になってくれる、自分の持っている大切な力です。

こうやって、未熟なりに試行錯誤して考えるのが、とっても楽しいです!