家族で幸せをふやす暮らし
配当金投資・節約で老後に備えている共働き家族のブログ
確定拠出年金

確定拠出年金、3年でどうなった?

私が加入している会社の「確定拠出年金」。

始めてから3年が経ちました。

前回は1年半前に記事にしていて(この株安で長期投資がどれくらい含み損になったのか)、その時は中々の含み損だったのです。

2017年9月時点の確定拠出年金は含み益

こちらが2016年2月…1年半前の状態。マイナス15%の含み損でした。

さて、一年半経った2017年9月はどうかというと…

+10%の含み益に!

+10万円です。

1年半経つとだいぶ変わっていました。

含み損だと安く買えるんだ!と分かっていても、含み益って状態はやっぱり嬉しいです。

もちろん含み益なので、景気が悪くなると一瞬で含み損まで落ちてしまう可能性も十分あります。

まあでも、上がる時もあれば下がる時もある。

1年でこんなに変わるんだと思うと投資って面白いですね。

 

ちなみに投資商品的にはこんなバランスです。

利益に税金がとられないので、増加額の大きい株式にほぼ全てです。

あまり教科書にはないと思います^^;

マッチング拠出額も大分増えました!

マッチング拠出の弱点は自分で拠出額が決められない!少なすぎる!

(最初はたったの1000円でしたから!)

なんて以前の記事で悲しみにくれたこともありました(笑

 

拠出額を変更できるのは年に1回。

 

実はちゃんと、変更月は毎年上限額に再設定していました。

おかげで最初1000円/月(会社も同額だしてくれるので合わせて2000円/月)だった拠出額。

現在は6000円/月になりました。

会社分も入れると、毎月13000円の掛け金。

 

私の体感ですが、月1万円になると積み立て投資をしている感がでてきます。

残高がちょっとずつ増えていくのは嬉しいです。

貯金している感覚です。

 

しかも、半分は会社がだしてくれる!

タダで毎月6千円…一年で7万円もらえるというのはかなり嬉しいです。

 

解約は基本できないので、使えるようになるのは60歳を過ぎてからですけどね。

逆に60歳まで20年以上…7万円×20年=140万円も会社がだしてくれる!

そう思うと悪くないと思いませんか?(笑

 

どうして拠出額があがったの?

なんで拠出額が上がったかというと、「金利の低下」が一番の原因です。

私の勤めている会社だけかもしれませんが、

最終的な金額を決める→金利分+年数を考慮し→毎月の拠出額を計算しています。

 

金利が高ければ、年数を積み上げるとまとまった利子が付きます。

=少ない拠出額でも利子分が追加されて予定金額になる。

逆に金利が低くなると、

=たくさんの拠出額を毎月積み立てないと予定金額にならない。

 

国債の利子が1%→0.05%に変わりました。

100万円を1%の金利で100年持っていれば、利子100万円。

100万円0.05%の金利で100年持っていても、利子5万円。

95万円の差が付きます。

 

数字に書いてみると、利子って大きいですね。

そんな訳で、私の拠出額はついに1万円を超えるようになりました!

 

 

 

ようやくPCに触る時間をとれるようになってきました。

投資に関してはここ一年、本当にほったらかしでした。

本当に毎月、何も触らず決まった額が積みあがっていただけ。

景気の上がり下がりで、自分のお金が増減してることを実感します。

 

久しぶりに口座にログインして確認してみると、凄く楽しいですね。

ほんとうにほったらかし投資の極みみたいなものなのですが時々確認をして振り返りしたいと思います。

ではでは、お読みくださり有難うございました。