家族で幸せをふやす暮らし
30代共働き家族のシンプルライフ
保険は最低限

共働きの保険の必要性を考える。今年から妻の生命保険は解約します。

こんにちは、いよかんです。

2018年度の生命保険を見直します。

 

我が家は、夫の勤め先の団体保険に加入しています。

団体保険は基本的に期間「1年」の更新。

そのため、我が家は毎年保険の見直しをしているというわけです。

 

2016年度の生命保険減額

共働きの生命保険はいくら必要?

共働きって、片方に何かあっても片方の収入は続きます。

だから、大人だけなら1000万もあれば良いと思っています。

自分が生活できないくらいの月収だった時や、実家には帰る気が無い時にはもう少しあっても良いですね。

 

子どもがいる時は、ざっくりなら+3000万円と考えて良いと思います。

残念ながら今の日本は子供を育てることにかなりお金が掛かります。

これから良くなっていくことは願っていますが、現在は国には頼れない現状です。

必要な額はちゃんと考えておきましょう。

【2018年度版】いよかん家に必要な補償額

では、今年の我が家の保険見直しをしていきます。

我が家は既に必要な補償額を決めています。

【我が家の生命保険ルール】

夫に何かあった場合=4000万円
妻に何かあった場合=3000万円

ここから、既にある補償+貯蓄額を除いた額とする。

大人1000万+子ども3000万円と計算しています。

わたしに何かあっても夫には収入があるので、私の補償額は少し少ないです。

この必要額から、すでにある補償分や貯蓄額を引いた額が我が家の「生命保険の補償額」です。

子どもが大きくなるにつれて、+3000万円も変える予定です。

とりあえず保育園のうちはこのままかな。

 

遺族年金をかんがえる。

まず、子供が18歳になるまでは「遺族年金」を考慮します。

遺族年金の有無は大きいので、生命保険を考える上で必ず知っておきましょう。

 

【参考】」生命保険の保障額を考えるなら”遺族年金額”を知っておこう。

 

子供が一人なら、毎年約100万円の年金がもらえます。

我が家は子供が4歳なので、

18-4=14年分

約1400万円の補償が既にあります。

 

遺族年金を考慮すると、必要額はこうなります。

夫必要額:4000万円 → 2600万円

妻必要額:3000万円 → 1600万円

 

既にあるお金(貯金額)も考える。

更にそこから貯蓄額を引いた額を、必要な生命保険の保障額としています。
貯金が貯まった分、保障額が下がるということです。

 

2018年現在の我が家の貯蓄額は約1800万円。

夫必要額:4000万円 → 2600万円 → 800万円

妻必要額:3000万円 → 1600万円 → -200万円

 

妻側の死亡保障必要額がマイナスになりました…

夫が働いていく事を前提とすると、遺族年金と貯金でなんとかなるということ。

つまり、妻側の生命保険は現状必要ないということですね。

 

2018年いよかん家の生命保険

結論としては今年の生命保険はこんな感じになりました。

 

夫死亡保障額:800万円

妻死亡保障額:0万円

 

保険の掛け金としては毎月1,300円になります。

1年で16,000円。

平均的な家庭の生命保険額は年34万円といわれていますから、

我が家は格安だと思います…(笑

必要な補償額についてルール決めする。

生命保険てなんとなく加入している人も多いと思いますが、基本的には家族の年齢があがっていけば必要な補償額は下がっていきます

20代だと老後まで40~50年ありますが、40代なら20~30年。

半分の期間の補償を考えればよいことになるので、ざっくり考えれば補償額も半分です。

子供が巣立てば夫婦2人暮らし。

もっと補償額を下げても良いですよね。

 

必要な補償額を一度確認してみるのは大事です。

  • 遺族年金額
  • 子供の数や年齢
  • 自分が仕事をリタイアしたい年

これらを考慮しつつ、「これだけあれば年金がでるまで働きながら暮らしていけるかな」と思える金額を出します。

平均的な生命保険の補償額は約2,300万円と言われています。

ただ、先ほど挙げた通り、残り40年と残り20年では必要な補償額は違いますよね。

家によって全く違う必要補償額額になりますから、平均は鵜呑みにすべきではないと思います。

 

保険は最低限に。

これからは、できる事は自分でしていく人ほど生活がよくなる時代です。

老後が不安…そういわれるけど、それは自分で考えず、テレビの情報を鵜呑みにしてしまうからです。

  • 保険は最低限にする
  • 浮いた保険料は貯金する

とりあえずこの2つをやってみましょう。

平均生命保険料は年34万円と言われるなか、我が家は年2万円もいきません。

毎年、差額が32万円…20年経てば600万円にもなります。

 

自分で考えて、ちょっとずつ行動する。

それが大事な一歩だと私は思います。

 

保険と家と、お金が掛かることはうーんと考えてからでもOKです!

あわせて読みたい
老後を考えるなら…やっぱり保険は最低限にしておくのが良い。 私の祖父が、先日賃貸型のホームへ入居しました。 子どもがいるので引っ越しのお手伝いは出来なかったけど、なんとか終わったみた...