家族で幸せをふやす暮らし
配当金投資・節約で老後に備えている共働き家族のブログ
毎月の家計簿

今更だけど、家計管理をマネーフォワードで自動化。家計簿入力が月1時間で良くなった。

こんにちは、いよかんです。

 

今日は今更ですが家計簿ソフト「マネーフォワード」について。

 

キャッシュレス生活として日常で楽天edyを使用するようになって早半年。

かなりラクチンです。

 

【参考】西日本で少しずつキャッシュレス生活に移行中。

 

だけど電子マネーを主に使っていくとなると、支出管理が現金よりもよくわからない。

そんな考えもあり、同時に「マネーフォワード」も使うようにしました。

 

知ってる人も多いと思いますがこのアプリ、カード類、口座を登録しておくと引き落としや入金のデータを勝手にとってきて資産管理をしてくれるんです。

我が家の場合だと家賃や保育園料も口座引き落としなので、自動でデータをとってきて家計簿に反映してくれます。

↓こんなかんじ。


今見ると家賃と保育園費だけで家計の半分になってますね…(悲

  • 銀行口座
  • 証券口座
  • ICOCA

殆ど登録できるものはしています。

もちろんキャッシュレス生活として使用している楽天カードやedyも登録。

こうすることで、edyを使うたびに経歴がマネーフォワードに残るんです。

コンビニで使ったお金とか、家計簿に入力するのを忘れがちなのでedy決済にして自動で履歴が残るようになってかなりラクチンになったと思います^^

家計簿をつける時間が一か月1時間に減った

今でも最終的な家計簿はエクセルで作成しています。

今までは別の家計簿アプリを使用して、都度アプリに入力していました。

忘れやすいので週末にエクセルへ転記し、忘れているものがあれば追加入力という流れでした。毎週1時間ほど使っていたと思います。

 

マネーフォワードを使うようになってから、月末に1時間程度で済むようになりました。

マネーフォワードを使用するようになって、半自動で家計簿登録してくれるので忘れがちなものは殆ど自動でデータ取得してもらえるようになりました。

もちろん、カード類を使えない場合は手動入力もします。

(普通の家計簿アプリのように手動入力するツールもあります。)

でも、平日は現金を使う場所に行かないので手動入力の頻度はかなり減りました。

 

家計簿アプリで手動入力って、意外と忘れてしまうことも多くって…

レシートを引っ張りだしたり、水道代や電気代なども入力を忘れていて履歴を探すのに時間かかったり…今思えば結構面倒くさかったなあ。

 

カード類を積極的に使うようになった

マネーフォワードとキャッシュレス生活にして変化したことといえば

カード類を積極的に使うようになったこと。

これは人によっては使いすぎに繋がるから、オススメ!とは言えないんだけど、私は支出について特に増えたってことはありませんでした。

 

田舎なので電子マネーを使えない場所もまだまだあります。

ホームセンターなどは全滅。

ただ、クレジットカード決済するようになりました。

使えるところは全部!現金の方がいいかな~とかあんまり気にしなくなりました(^^

 

それで気づいたこともあって…

昔より、クレジットカードが使いやすくなってる気がします。

使えるお店が増えたこともあるし、現金と比較してそこまで時間が掛からないようになったような~~~体感ですが。

署名や暗証番号入力自体がいらないところも増えてきてるのも一つ。

あとは、昔は署名か暗証番号の入力後に、すごく丁寧に説明されてたんですがそれが簡略化してきてる気がします。

 

だから、あまり気にせず使っています。

 

自分の時間を増やせるような仕組み作り

最近は、自分の好きなことをできる時間を作ろう!

って思っています。

キャッシュレス生活やマネーフォワードはその一環なのです。

 

だからこそ、時間を作る仕組み作りが大切なのかなって思うんです。

毎日同じことをしていたら、同じだけの時間しか作れないなーーーって。

共働き子育て中は平日1時間、休日数時間。それくらい時間を作れたら良い方。

 

自動でもいいことや毎日やることで楽になることを実践して、もっと自分の好きなことに使えるようにしていきます!

 

ではではお読みくださりありがとうございました^^