家族で幸せをふやす暮らし
配当金投資・節約で老後に備えている共働き家族のブログ
高配当株で配当をもらう

老後の配当金生活にはいくら必要か

こんにちは、いよかんです。

老後に向けた配当金生活について、とらぬ狸の試算してみました♪

私の配当金生活は完全に配当金だけで暮らすものではないです。
だから完全に配当金だけで暮らすって?と思った人はすみません…(汗

私の配当金生活は老後の生活基盤の一つになる予定のものです^^

こういう計算を考える時ってとっても楽しいですよね。

配当金生活の目的と予定金額

  • 目的:老後の住居費を配当金で賄う
  • 配当予定金額:年80万円(月5~6万円)
  • 必要な元本:約3,000万円

結論から言うと、
私の配当金生活は年80万円もらえる。
そして、それに必要な投資元本は3,000万円です。

なんで年80万円でいいのか?をこれから書いていきます。

配当金生活の目的

私の目指している配当金生活は「老後の住居費」部分のみです。

「配当金生活」というと生活費全てをまかなうイメージがあります。
実際私もそんなイメージでいました。

ただ、生活費全てというと大体月20万円は必要です。
一年240万円にもなります。
配当金の利率を3%として、必要な元本金額は8,000万円になってしまいます。

うーんちょっと高すぎですよね…。

私の配当金は老後の家賃費用。

生活費は年金で賄う予定です。
私個人の年金はおそらく年120万円弱となります。
夫婦2人なら2倍以上となりますから、余裕で暮らしていけそうです。

問題は、夫が他界した後。
120万円では家賃と生活費合わせるとカツカツか赤字になりそうです。

ですから、今から家賃分を他で賄えるようにしておくのです。
そのため、配当金生活と言ってもそんなに大きな元本は必要ないのです。

配当金で家賃を払い、年金で生活費をまかなう。

そんな未来予想図を描いています^^

配当金生活の金額

配当金は家賃代。
ということで田舎地方都市の住居費平均として月5~6万円を試算しています。

希望はちょっと地方都市の駅近賃貸物件。
もちろん欲しい物件があれば家を買う可能性もあると思いますが、現在賃貸で全く不満がないこともあり、物件を探しやすい賃貸で住みやすい場所を探す方が選択肢がありそうだと考えています。

住む頃には仕事を辞めて、子どもが自立している頃。
あまり広い物件でなくても大丈夫です。
むしろ物を増やしたくないのでコンパクトな場所を選択したいと思います。

配当金投資のモデル

  • 投資期間:20年(60歳までに積立完了)
  • 投資予算:初期費用500万円/年額80万円

さてさてじゃあ具体的な予定はというと、こんな感じで投資を行っていきます。

老後まで…ということで定年を迎える60歳までに頑張る予定。

初期費用は貯金から500万円。
それとは別に、今年から年80万円ずつ積立ていきます。

もらった配当金は60歳まで再投資に回していきます。

働いている間は、生活費は給与からまかなえますからね。
働いているうちは給与のみで生活して、配当金はふりこまれた口座のままで再投資します。
再投資すると複利の力が使えますから、少ない元本で必要な配当額にすることができます。

予想モデルはこんな感じになります。

税引き後3%の配当率とすれば、
20年後に年85万円の配当金が貰えることになります。

賃貸で暮らす家賃費用としては十分です^^

年80万円ずつ積立なのは、私の収入から払える金額で設定しているからです。
夫の給与は生活費に殆ど消えてしまう現状から、私の収入のみで試算しています。賞与が年2回40万円程度なのでこちらを回していきます。

現在貯金は1500万円↑ありますが、全て投資に回してしまうと何かあった時が怖いので…生活防衛資金として2~3年分の生活費をおいておいて、残った500万円が初期費用です。

老後は年金だけに頼らず、自分で準備していく

ブログを始める前から老後について用意してきた私ですが、
子どもが産まれてからますます考えるようになりました。

あわせて読みたい
私たちの年金を支えてくれる人は、たった一人という事実。いつか年金はなくなるかもしれない。 だから、年金を納めるなんてムダに感じる。 昔、政治にも経済にも興味がなく、貯金もしていな...

30代で老後のことを考える人ってあまりいないそうです。
子どもが大きくなってからでも良いのに、と言われたこともあります。

私が心配症すぎるのかもしれません。
でも、準備しておくに越したことはないよな!って私は思っています。

子どもに頼るのだけは嫌だなーと思っていまして…
自分の親の現状や、ニュースなんかをみてるとね…

投資ではなく貯金だけで準備するとしても、準備期間が長ければ長いほど月々積み立てる金額は少なくていいんですもん。
年をとってから急いで用意しようとして足りない時に焦ってもどうにもできないですしね?

 

配当金投資にもリスクはあります。
投資した会社の業績が悪化した場合には、最悪会社が倒産して株もなくなる。ということも考えられますし、他にも不景気になって業績が下がれば予定されていた配当率より配当が下がってくることは十分考えられます。

実際、投資資金はまだ数百万残してます。

いつ不景気になるか分からないですからね~~~

今後2年くらい要注意かなって思って。

 

予定は未定、ということで実際20年後に予定通りになっているかはわかりません。
でも、やってみる価値はあると思っています。

のんびりちょこちょこ、頑張ります^^

 

※日産の株が配当率5%超えですごく買いたい…我慢中…