家族で幸せをふやす暮らし
配当金投資・節約で老後に備えている共働き家族のブログ
高配当株で配当をもらう

【外国株】WBKを買い増しました。

こんにちは、いよかんです。

先日外国株のWBKを買い増しました。

5年チャートでもだらだらと下げてきていたので、購入してみました。

配当率はなんと6.9%!

まあ過去データからの計算なので、本当に配当率6.9%ではないんですが…;;
それでも配当額が去年と同等だった場合、今の株価だと配当率は6.5%程度になります。

税金が20%掛かりますが、税引き後でも5.3%の配当率です。
もうちょっと下がるかな?と思っていましたが、我慢しきれませんでした(笑

購入単価は21.21ドルなので配当利率は上記よりもう少し低めです。
でも税引き後5%にはなりそうということで、誤差かなと考えています。

21ドルで60株ということで、約14万円分。
14万円分の配当率5.0%…単純計算、年7,000円を配当でもらえることになります。

うーん年1万円いかないのか…。
なんて、つい思っちゃうのを我慢です。

だらだらと下がってきているので、もう少し下がるようなら追加投資したいところですが…


長期チャートをみると、20ドルが境目でしょうか?
そこから下がったのは2008年のリーマンショックだけですもんね。

2008年の10ドル割れまで参考になる値がないので、これを超えて下がったら逆に買いにくいかな…?(汗
でも配当率6%越えは魅力的なので、下がれば買ってしまいそうな気がします(笑

配当率とか、こういうのを計算するともっと投資したくなっちゃうのは私だけですかね?

単純に10倍の140万円分買えば、年7万円もらえちゃうわけです。
年7千円と7万円だと、大分変りますよね…

ほんと、お金がお金を呼ぶんですよね…
お金持ちっていいな~~~~(笑

オーストラリアはあまり崩れたことが無い国

WBKはオーストラリアの大きな銀行です。
4大銀行の一つっていうから、日本の都市銀なイメージになるのですかね。

オーストラリアには行ったことがないですが、豪ドルはFXで長期保有していたことがあります。リーマンショックの時も持っていました。
107豪$→55豪$まで下がったのを記憶しています。
(まあどの国もおんなじくらい下がりましたけどね…)

あの時は怖かったですが、逆に落ち着いてから一番値が上がったのが豪$でした。

オーストラリアの一番のお得意様は中国。

だからチャイナショックの際も結構下がっていましたし、
中国が低飛行だったお陰で、リーマンショック以降しばらくは低金利でしたね。
でもオーストラリア自体の経済はあまり崩れたことがありません。

資源国なので、何かあれば自分の国内でなんとかできますし、
中央銀行はちゃんと機能しています。

地理的にも経済的にも、ものすごい深いつながりがある国が中国以外ないイメージ。

離れているからこそ自立している国なんでしょうね。

あまり細かな数字は把握していませんが、10年以上ニュースや指標をみてふんわりと「あまり大きく崩れない国」というのが私の中のイメージです。

 

WBKもリーマンショック級が無い限り、そこまで下がることはないかもしれません。
ということで、もし下がっていくようなら追加購入を考えたいと思います。

本当、外国株は利率の高さが魅力ですね~。

 

【オススメ】
米国株を始めるなら、種類の多さでダントツのマネックス証券がお勧めです。