家族で幸せをふやす暮らし
配当金投資・節約で老後に備えている共働き家族のブログ
お金の貯まる方法

【教育費】2013年から始めた教育費積み立て。6年目でいくら貯まったのか。

目標3000万の貯金とは別に、子供の教育費用にお金を積みたてています。

目的は、子どもの大学費用。
目標額は、500万円。

以前、大学費用を調べたところ660万円!
と出たので一先ずそこを目指した500万円です。
660万はでかすぎたので…ちょっと低めの目標でしたw

大学って実際どれくらい費用が掛かる?

allaboutによると、
現在の「国公立+自宅通学」でも4年間の費用合計は500万円。

10数年後、公立大学の学費は1年40万円増加すると言われています。
4年で160万円アップするということ。

10年後には、「国公立+自宅通学」でも4年間の学費は660万円になる見込み。

2018年の教育費として積み立てた額

子どもはもう5歳になります。
2013年から始めた教育費積み立て。

子どもが産まれてから始めたこの積み立て。
積み立てを始めて、6年目の今年はいくら貯めることができたのか、久しぶりに確認してみました。

Excelでグラフに纏めてみましたが、現在の推移はこんな感じです。

年によって結構ばらつきがあります。

2013年の額が少ないですが、子どもが産まれた年なので途中から始まっているのです。
頑張って毎年40万円程度貯めることができています。

表にして額を出すと、現在は231万円。
目標は500万円なので、もうすこしで半分到達です。

6年で半分なら、12年で早めに積み立てが終わりそうです。

子どもが産まれた年からなので、子どもはそのころには12歳。

ちょうど塾や部活でお金が掛かり始める中学生に入る頃なので、今の積立分をそのまま学費に充てることができる予定になります。

今掛かっている保育園費4万円が小学校に入れば少しは減るかもしれないので、そうしたらその分は積立を増やすつもり…そうすれば小学校中に積み立てが終わるかもしれませんね!

…と、楽観的に考えてとらぬ狸の…となってきてしまうのでこの辺で(笑

上手くいくことを考えるとウキウキしてきて楽しいのでつい考えてしまいますね!

まあでもあくまで予定通りにいけば、です。
何があるかわかりませんから…でもだからこそコツコツ積み立てていきますよ!

 

ではでは、お読みくださりありがとうございました♪