子供を応援するために、親が頑張る心のこと。

a0960_006029

子どもには好きな事に夢中になって育ってほしい。

私はそう思っています。

ただ、そう思うなりに、親としてちゃんと準備しておいたほうがいいのかも!?

そんな事を考える事がありました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

好きこそものの上手なれ。海外で活躍している人の話。

地元の友人と会った時に聞いた話なのですが。

仲良くしているご近所の子供さんが、最近、あることで海外コンクールにでたんだそう。

それは子供さんの大好きなこと。

小さい頃からずーーーっと続けてきた習い事で、既に日本の全国コンクールでは何度も優勝しているんだそうです。

国内では既に敵なし!

高校生になり、ついに海外の大会にも出場するようになったそうです。

それを聞いて、私は応援しているご両親凄い!って思いました。

国内で敵なし!そこまで成長した子供さんは文句無しに凄い。

好きな事を本気で頑張るって実は難しい。

きっと苦しい時も沢山あったと思う。

どんなに才能があっても、人より努力しないと芽はでない。

一番になるってことは、それだけ他の人よりも好きな事に時間を使ってきたっていうこと。

それを乗り越えてるんだと思うととってもカッコイイと思う。
(カッコイイに年は関係無い!)

ただ、子供が産まれてどうしても親側の方も考えてしまうようになりました( ´ ▽ ` )

このご両親も凄いと思うんです。

海外遠征の為にはお金も必要だし、海外だから日本語じゃないんですよね。

ホテルや飛行機などの予約も、ご両親がされているそうです。

国内でも大変なのに外国の遠征。

海外に行ったことがない私には、ご両親のご苦労が中々想像できませんが、大変だということは分かります。

頑張りたいと言った時に、本気で応援できるようになりたい。

ご両親、子供さんがやりたい!と言って頑張っているから応援しているんだそう。

私も、子供から好きな事を頑張りたいと言われたら応援したいと思っています。

ただ、このご両親と今の私は違うなって、気付きました。

私は、本気で応援したいと思っているか?
そう言われたら、言葉に詰まりそうだなって…。

例えば。

私立の小学校に行きたい!
お医者さんになりたい!

そう言われたら、今の私は「そこまで頑張らなくても…」って思いそうだと気づいたんです。

お金の事もそうだけど、ここは結構田舎です。

ずっと勉強する意味があるの?

もっと遊びたい年頃じゃないの?

そんな事を、ぽろっと口から出そうだと気づきました。

好きな事を頑張れる子になってほしいと思いつつ、それは「私の考えると範囲」での頑張りなんですよね。

元気でいてくれたらそれで良い。

そう思う事にいつの間にか「田舎だから」とか「普通で」がくっついていたんですね。

・別にそこまでしなくても…
・そんな必要あるのかな?

頑張りたいという子に対してそう返すのって「頑張るな」と言っているのと同じですよね。

私が今までなんとなく思っていたことは、本当に「なんとなく」思っていたことなんだなあと反省しました。

今回、とっても良い話を聞くことができて良かったです。

田舎とかそんな事関係ないですよね。

子どもとは良く話をして、今していること、やりたいことを聞いていたい。

そして応援していこう!

そう思います(^^)

言ってる事は変わらないけど、内容はちょっとだけ変わったのです♪

お読みくださりありがとうございました♪

《 更新する励みになります 》

《 更新する励みになります 》
➔ にほんブログ村 家計管理・貯蓄
《 おすすめ記事もどうぞ 》

《 おすすめ記事もどうぞ 》

  • docomoスマホを”格安SIM”で通信費大幅削減!
  • 老後が不安だからこそ”こつこつ自分年金”
  • 赤ちゃんの風邪を未然防止 ”電動鼻水吸引器”
  • 家族みんなで映画やアニメを楽しめる
  • スポンサーリンク
    レクタングル(大)広告
    レクタングル(大)広告

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です