家族で幸せをふやす暮らし
配当金投資・節約で老後に備えている共働き家族のブログ
お金のたまる考え方

たまにはゆっくりする時間も大事。散財していた頃でも悩んで買った物は大事にしています。

ちょっと遅れたけど、お雛様の日はケーキを買ってきて家族で食べました(^^)

image

 

実に数カ月ぶり…美味しかった!!!

出産前から、あまりおやつは食べないように食べないようにと控えていました。

(母乳育児で、どうも乳腺が細いらしく…すぐ詰まるんです;)

2日に分けて食べたけど…やっぱり、ケーキって幸せだな~♪

家族で 食べるのが良いですね。

そしてごくたまにしか食べれないので、それが逆に新鮮で、今はこれがとっても幸せです(^^)

 

高校時代に買ったもの見つけた

そしてこの週末は、実家に来ています(^^)

実家には、独身時代に買った本棚を置いたままにしてあって、その時の本も置いたままです。

image

山川出版社の世界史資料本と、

ミヒャエル・エンデの「はてしない物語」

 

マニアックかな?(笑)

どちらも、高校生の頃に買ったものです。

世界史資料本は、本当に世界史が大好きで、ページを開くだけでワクワクしていました(ササン朝ペルシアや十字軍、神聖ローマ帝国とかが好き(^^))

はてしない物語は、映画ネバーエンディングストーリーの原作になった本。

ちょっと古いけど、知ってる人もいるかなあ?

映画も好きだけど、図書館で借りてから好きになってしまい、自分で買ったのです。3部構成で、主人公がボロボロになってしまう3部が1番好きです(どんな紹介だ!?)。

エンデは他にモモも良いです。

 

どちらも、2000〜3000円もする本です。

高校生だった頃、悩んで悩んで清水寺から飛び降りる気で買いました。

 

あの頃は、貯金の「ちょ」の字もありませんでした。

毎月のお小遣いは、その月で使いきるようにしていました。通帳も使うことなかったし(^_^;)

これを買った財源は多分お年玉。

お年玉も、2月くらいにはなくなっていたので、これ多分1月に買ったんだと思います(笑)。

コンビニでお菓子を買うのは躊躇なかったけど、2000円越えは大金で、すごく悩みました。

あの頃は漫画も幾つか集めていたけど、全部古本に売ってしまった。今はひとつも残していません。

 

貯金の仕方は全く知らなかったから、殆どなんにも残らなかったけど。

残っているものを見ると、やっぱり悩んで悩んで、それでも欲しかったモノばかり残っています。

 

こういうのはテクニックじゃないんだな。

悩んで悩んでどうしても欲しいモノって、やっぱり大事にするんだなって実感します。