家族で幸せをふやす暮らし
配当金投資・節約で老後に備えている共働き家族のブログ
早期リタイアしたい

退職金、いくら出るか知っていますか?

こんにちは、いよかんです(^^)

 

突然ですが、働いている方は退職金が幾らくらいでるか知ってますか?

「平均」ではありませんよ。

「今」自分が辞めたら?「定年」で辞める時にいくらくらいもらえるかって、分かりますか?

a0002_012029

 

最近、同僚の一人が退職しました。

その時に「いくらくらいもらえるのかなあ?」なんて言っていたのでアドバイスしたところ、どうやら退職金がどういう規定であるのか知らないみたいでした。

他の同僚にも聞かれたのですが、意外と知らない人もいるのかも。

私も早期リタイアを目論む者として、興味があるので少し調べつつ、書いておきます。

 

退職金の平均額はアテにならない

幾つか退職金の平均額を書いているサイトがありました。

まず、退職には「自己都合」と「会社都合」があり、「自己都合」の場合、総じて「会社都合」よりも貰える退職金額が低いと言われます。

とりあえず幾つか調べて見て感じたのは、学歴や勤めている会社によって、退職金額に差がありすぎ!ということでした(^_^;)

 

ちなみにこちらのサイトでは35年勤務だと「自己都合:約927万」「会社都合:約1,030万」と書かれています。

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
退職金の金額は、会社規模、業種などの状況により各個人・各企業で大きく変化します。ひとくちに相場といっても、統計方法によって大きく差が出るため、平均金額を算出することは極めて難しいことです。

 

こちらのサイトでは35年勤務で総合職なら「会社都合:約2400万」。

中小企業の定年での平均退職金は約1,200万とも。

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
退職金っていくらもらえるのでしょうか。厚生労働省や日本経団連などの調査データから、2012年の退職金の相場をご紹介します。企業規模、学歴、職種だけでなく、退職金の給付方法によっても大きな差があります。

 

ついでに厚生労働省からの「退職給付(一時金・年金)の支給実態」も参考にリンクを貼っておきます。

 

自分の退職金が知りたい時は「就業規定」に書いてある。

色々平均は調べてみても、知りたいのは自分の「退職金額」。

定年まで勤めれば、老後の資金となる可能性の高い退職金。

そうでなくても、何か都合で会社を辞めなくてはいけなくなった時、もし貰えるのなら心強いですよね。

 

そして、結局どうしたら自分の退職金額が分かるのかということですが…

実は会社の「就業規定」にかかれています。

 

労働基準法で、退職金についての明記は「就業規定」に記載するように定められています。

書かれているのは、基本的には退職金額の計算式。

例)基本給✕勤続年数✕係数

ただし!退職金の有無自体が義務ではないので、その場合は就業規定にも書かれていないと思います。

義務ではないということで、退職金の計算方法や、金額自体も会社が決めていいものなのです。

だから、人によって、勤めている会社によって、退職金額が全然違うんですね…。

 

ただ、有給休暇についてや、出産関係の福利厚生など「就業規定」に色々明記されている事が多いです。

会社の規則が書かれているだけではなくて、働いている自分に大事な事が書かれているのが就業規定。

もし、会社の棚にあるのは知っているけど一度も見たことないな~~

なんて人は、是非一度確認してみてください♪

 

ちなみに私の退職金は…

ちなみに私も先日、初めて今の会社の就業規定を確認しました。

入社して数年といったところ。

退職金が出る最低基準までもう2年といったところでした。

そして50歳・55歳で早期退職として計算しても、数百万(大台には程遠いくらいの)もらえたら御の字といった感じ。

前の会社を退職するときが150万くらいでした(13年勤務)。

う~ん、老後の資金にはなるのかな?投資資金に入っていると考えると、いつか老後資金になりそうですね(^^)

 

ちなみに夫の退職金額もこっそり計算してみましたが(前会社が一緒でしたので…)

うう~~~~~ん…と言った感じ(苦笑)

 

改めて、自分で老後資金、作らなきゃ!って感じました!!!(爆)

 

でも、自分でちゃんと分かったほうが良いですよね。

心づもりできたと思って、今のうちから対策できますし。

老後について心配のある方(無い方も)は一度は確認してみては如何でしょうか?

 

ではでは、お読み下さりありがとうございました。