家族で幸せをふやす暮らし
配当金投資・節約で老後に備えている共働き家族のブログ
セゾン投信

セゾン投信のポートフォリオから、リスクとリターンを考えてみる。

こんにちは、いよかんです。

 

わたしの投資は長期分散投資を中心におこなっています。

 

投資の一つである、長期分散投資

その分散投資をするうえで、運用成果の大半をポートフォリオ(金融商品の配分)で説明できると言われています

逆をいうと、ポートフォリオを決めた時点で、運用成績が予想できるってことも言えるのかなと。

計算式もあり、WEBでも計算式を使ったツールを配布しているサイトから利用することができます。

 

実際、わたしが自分で選んで積立購入している投資信託については、自分でポートフォリオを考え、

運用成績を予想しつつ、それに沿って購入しています。

 

今回は、先日積立を始めたセゾン投信について

あわせて読みたい
セゾン投信から手続き完了のお知らせ。積立を始めます!セゾン投信から、手続き完了のお知らせがきました。 2月から引き落としが始まります。 あれ、もう今月ですね...

セゾン投信で「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」を積立てていくことにしたわけですが、この投資信託は株式:債券=50:50の割合で構成されている投資信託と書かれています。

株式にも日本株式・先進国株式があります。新興国株式も。

それらで成長率が違うことから、期待されるリターンも違うんですよね。

 

じゃあセゾン投信の配分で期待されるリターンと、リスクってどれくらいなんだろう?

ちょっと気になってきたので、そのポートフォリオから、ツールを使い運用成績を予想してみました。

 

「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」のアセットアロケーション

紛らわしいと思われるカタカナ単語2つについて、最初に説明しておきます。

アセットアロケーション: どの種類の金融商品をどれくらいの配分で購入するかの配分。
「国内株式」・「国内債券」・「海外証券」・「不動産」・「現金等」など資産クラス別にどのような割合で分配するか

ポートフォリオ: 様々な資産ないし、銘柄の組み合わせのことであり、投資家の保有証券リスト
「個人向け国債10年」「◯◯インデックスファンド」など

おおまかな配分がアセットアロケーション。

そのアセットアロケーションに沿って選んだ実際の商品たちの事をポートフォリオ。

そんな感じで覚えると良いのかな~と、わたし自身がよく分かっていないので調べてみました(^^)

 

で!

私が積立しているのは「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」になります。

運用利益・リスクを予想するには、(1)アセットアロケーションと(2)コストが必要です。

(1)アセットアロケーション

セゾン投信の内容を調べるのに、今回は公式サイトで載せられていたグラフより配分をだしてみました。

image

 

グラフからの資産配分比率(2014年12月30日現在)

日本債券 8.9%
日本株式 3.8%
先進国債券 40.7%
先進国株式 41.1%
新興国株式 5.5%

※短期資金はとりあえず日本債券としています。

 

(2)コスト

こちらも公式サイトから。

image

今回、コストは0.75%とします。(キリ良くってだけです(^_^;))

 


それでは実際に、計算してみましょう。

ツールを使用させていただいたのはこちらのサイト様

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg

投資信託の「長期保有」や「積立て投資」の運用結果を予想し、グラフで表示します

資産配分とコストを入れるだけで色んな分析結果を出してくれます。

とっても便利で、昔から利用させてもらっています(^^)

 

そして結果は

期待されるリターンは3.51%・リスクは13.06%とでました。

image

 

コストがあると、その分ひいた値が期待リターンとなります。

なければ年率4%以上が期待できると考えると、コストって大きいですね…。

リスクは振れ幅のこと。

そのままこのマイナス%になるわけではなく、このプラスマイナス%範囲に入りやすいですよってことと考えて良いと思います。
(急激な変動があればこれ以上プラスマイナスになる確率があります)

 

 

セゾン投信の感想。と、私のポートフォリオと比べて。

次回、自分のポートフォリオ分析を記事にしようと思っているのですが、今回のセゾン投信分と比較すると「期待リターンは小さく」「リスクも小さい」運用予想になりました。

良いことか?悪いことか?は個人のとってもいいとかんがえるリスクによると思います。

私の場合は7割程度を国内債券クラス(現金・貯金・国債)に考えているのでしょうがないかな…。

 

セゾン投信のポートフォリオをみてみると、日本国内への株式・債券投資配分が低いなあと感じました。

私もこれくらいの国内株式配分にしているので、ちょっと親近感を感じました(^^)

そしてやっぱり米国が一番配分が多い。

国内債券部分の比率以外は、私もこれくらいが良いなあと感じます。

人気のある投資信託のポートフォリオだけあって、納得できる配分でした。

 

そして、運用結果結果などのレポートを拝見すると、ちょこちょことアセットアロケーションのメンテナンスもしているみたいですね。

個人的に、中々見られていないところをちゃんとやってくれる人って、信用できます(^^)

(人じゃないけど笑)

レポートもメールでマメに配信してくださるし、本当に良い投資会社だなあと、今回感じたのでした。