ピケティのパリ白熱教室をみて。お金持ちから貰うより、貧乏でも頑張ればお金持ちになれるほうが豊かと感じるかな。

NHKで放送している「パリ白熱教室」を見ています。

内容は、今流行りの「21世紀の資本」を書かれたピケティ教授の講義!

ん?もう流行り終わり気味?分かりません…。

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
アメリカではわずか1%の富裕層が、国の富の4分の1を握るようになったのは何故か?
そうした所得と富の不平等を分析し、世界で一躍脚光を浴びる経済学者がいる。
パリ経済学校のトマ・ピケティ教授だ。

全6回で、今放送しているのは多分再放送?だと思います。

録画しておいて空いた時間にみています。

まだ最終回は見れていないのですが、大学の講義を編集している感じなので時々面白く、時々眠くなる感じ…(^_^;)

流し見で何度か視聴しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ピケティ教授の理論を要約すると…

ピケティ教授の書かれた「21世紀の資本」という本。

分厚い700P超えの本なのにベストセラーだそうですね。

日本版5,000円以上するんですね…ページ数よりそっちに私はビックリしました(笑

21世紀の資本


番組内容から、講義内容と本の内容はさほど違わないのではないかと思います。

要約すると、言われていることは2つ。

1)資本収益率(r)>経済成長率(g)

2)高額所得者への課税

自分が理解した感じ、もう少し詳しく書くととこんな感じでしょうか?

(1)お金持ちがその資本(土地や株)で得る利潤は、働いて得られる所得よりも大きい。

投資や不動産からの利益は、労働したお給料より多くなる!

(2)労働所得よりも資本(土地や株)からの利益の方が大きいとすると、格差は広がっていく。それを防ぐために、お金持ちから課税してお金を循環させるべき。

お金持ちはよりお金持ちへ。貧乏はもっと貧乏に…。

ピケティ教授はなんと300年分!の世界の財務状況を集計してまとめた結果がこの本なんだそうです。

300年分まるまる経済情報が残っている地域は少ないそうですが、フランスやイギリス、日本、アメリカなど世界的に過去のデータをまとめられたのが凄いなと思います。

ピケティは、このままだと貧富がどんどん拡大してしまうと忠告しています。

お金持ちは子どもに対して教育をちゃんとするから、子どもはちゃんと自立し、お金の稼ぎ方も知っている。

反対にお金がないと、きちんとした教育を与えることが難しい。お金の使い方も稼ぎ方も分からず、結果、貧困は連鎖してしまう。

そしてその解決策に、お金持ちへの課税をし徴収したお金を皆に分配するべきだ、とも言われています。

税金として再分配されても有り難いと皆が思うかな?

ピケティ教授はお金持ちから沢山税金をとって、貧しい人へ分配するべきだと言っていますが、

私は正直、この提案に疑問です。

理由は、税金から受けた福祉って、実感があまりないと思うからです

日本は税金の種類が多いですよね。

たばこ・酒・所得税・住民税・ガソリン税…。

それらは巡り巡って、私たち国民全員に分配されています。

健康保険・子ども手当・交通や水道などのインフラ整備…

子ども手当、勿論貰えると助かります。

年金だって、親は貰えるようになって喜んでいます。

健康保険も、病気がちなので本当に助かります。

でも、あんまり意識されない気がします。

どちらかというと、受け取る方よりも、徴収されることに対して反応する気がするんです。

有り難いと思う事よりも当たり前だと思う人の方が多い気がします。

私は受け取るのを待つより、頑張り次第で稼げる方が嬉しい。

これは私の意見ですが「貰うお金より、自分で稼いだお金の方がきっと嬉しい」です。

それに頑張らなくても生きれるって世界だと、わたしみたいなズボラなタイプはだらだらしちゃいそうだな~なんて(^_^;)

だから、頑張れば自分でお金持ちになれる可能性が増えるようになるといいなって思うんですよね。

ピケティ教授は「お金持ちはよりお金持ちへ。貧乏はより貧乏に」って言われていますが、

日本は世界大戦で負けてしまってから、本当に大変だった人が沢山いたはずです。

それでも、今では色んな食べ物も食べれるし、勉強だって自分で選ぶことができる。

それはやっぱり、例え貧乏だとしても努力や運・頑張り次第でピケティ教授の定義された法則はひっくり返せるってことなんだと思うんですよね。

300年分のデータの結果とはいえ、それは平均値や統計の結果です。

絶対そうなるということではなくて、そのデータの中でも異常値となった値もあったはず。

「貧乏だったけどお金持ちになった」人のデータもあった筈なんです。

私はそっちを目指したいですね。

そのデータだけを集めて、纏めてくれると有り難いですが…無理かな(笑

とはいえ利用できるデータ結果は利用しようと思います!

私が番組をみていて、一番言われていたと感じたことはやっぱり

投資や不動産からの利益は、労働したお給料より多くなる!

ということ。

投資や不動産からの収益率は、労働したお給料が増えていく率より高いんだそうです。

だからお金持ちはもっとお金持ちになるんだって。

流石に不動産はまとまったお金がないといけませんが…投資なら、今なら少額からでもできますよね。

それなら、わたしでもできます!

実際、やっていますし。

「労働しながら投資もする」

データからいえば、これが一番、資産を増やす確率は高くなります。

そのデータからの結果を信じて、これからも働きながら、少しずつ投資を続けてみたいと思います。

結果は、数十年後になるかもしれませんが…

良い結果になって、ピケティ教授の結論を覆してみたいですね!(^^)

《 更新する励みになります 》

《 更新する励みになります 》
➔ にほんブログ村 家計管理・貯蓄
《 おすすめ記事もどうぞ 》

《 おすすめ記事もどうぞ 》

  • docomoスマホを”格安SIM”で通信費大幅削減!
  • 老後が不安だからこそ”こつこつ自分年金”
  • 赤ちゃんの風邪を未然防止 ”電動鼻水吸引器”
  • 家族みんなで映画やアニメを楽しめる
  • スポンサーリンク
    レクタングル(大)広告
    レクタングル(大)広告

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です